スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本荘市 一力 中国ラーメン

今回は本荘市の一力でございます。本荘と言うと「中華」で有名なあの店が注目されがちですが、細かく見ていくと地域に根差して長い事商売をやってる老舗もあるわけです。
いわゆるラーメン屋さんみたいな専門店も好きですが、こういう食堂で食べるラーメンもまた格別だったりするもので、面白いもんでございます。本日は中国ラーメンをオーダー。






スープは中々の赤、ラー油の赤色です。見た目通りにピリリと辛いんだけど、食堂としての立ち位置が良くお分かりな地点に着地しております。
具はキャベツとモヤシなどの野菜を鍋で炒めたものにスープを加えて一煮立ちさせてるのでしょうか、いわゆるタンメンのような調理方法かと思われます。野菜の甘みもあって良いのではないでしょうか。終盤戦でお酢を一回し入れてフィニッシュ!
麺はラーメン系のメニューは全て共通の麺だと思います。結構歯切れの良い感じの…まぁ、普通の麺です。オールラウンダーな感じの麺です。

このお店は以前はもう100メートル程、羽後本荘駅よりにありまして。高校の時分は、友達の家に泊まりに行くような時に、部活上がりの晩飯で寄ってました。タクシーの運転手さんが立ち寄っているお店でしたので、タバコの忘れ物があったりして、そんなのを拝借したりしていた思い出があります。
また、当時のピアノの師匠の家にも近く、レッスン前の腹ごしらえで寄ったりもしていた、思い出深いお店だったりもします。

今回は中国ラーメンでしたが、当時はシャンタン麺をよく頼んでおりました。何を頼んでも、たとえそれが焼きそばだとしても、鬼のようなアツアツさで提供してくるお店なので舌を火傷していた思い出でございます。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 辛い系

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。