スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本荘市 Monchan Ramen Shun 中華醤油

久しぶりだと、設定が変わってたりして戸惑いますね。戸惑う位ほっとくブログもどうかとは思いますが…。

随分と放置が続いている我がブログですが、たまには里に降りてラーメンを食べております。
最近のお気に入りはコチラなのです。




本荘市はmonchan ramen shunさん。打ちにくい…。

元々は本荘市のぼんずさんで店長さんをしていた(だっけ?)方です。ぼんずさんは本荘市に『ジロウ系』を持ち込んだお店で、まぜそばとかつけ麺とか色々と新しい風を吹かせたお店です。新しい仕掛けも面白いんけど、オラとしてはこのお店の王道になってるメニューに惹かれております。

今回ご紹介したい『中華 醤油』。写真では味付け卵をトッピングしております。

スープは甘みを一番に感じます。ベタリとしたしつこいお砂糖の甘さと違う感じの、いくらでも飲める感じのあまさ。甘さの後に醤油の味わいがあって、しつこさは全くないんです。
毎度困るのが、一発目にスープを飲み過ぎて後半戦で麺を食べるのがつらくなってしまい、子豚飯をオーダー出来ない事なのです。スープ飲み過ぎて、麺が残っちゃうみたいな。その位、このラーメンのスープは好みです。
醤油の香りがして甘めのスープって、オラは否定し続けていますが某S吉のスープに戻るんですよね。よーく考えると。矢島の多賀部食堂に通じるものもあるので人によっては合わない事もあるかもしれませんが、県外からいらっしゃった方も試してほしいです。

麺は細めですが噛んだ時の噛みごたえがあり、またあんまり伸びない印象があります。ジロウ系・中華系・限定で使い分けてるみたいですので、やっぱりこだわってますよね。

大判の海苔は香りが良いです。ナルトのってます。チャーシューは厚目ながらホロッとした食感。ネギもフレッシュな感じがして歯ごたえが良いです。
加えて、味玉は黄身がしっとりしつつ白身にはしっかり色がついております。何回行っても、この玉子のブレの無さは凄い!冷麺職人をやってたオラが言うんだから間違いないです。

最近は塩の方が好みですが、塩も甘みをもたせたスープでオススメです。久しぶりに醤油も食べたいなぁ。

紅ショウガを載せて軽くコショウを振って、最後は酢を回してフィニッシュ!

コメントの投稿

非公開コメント

私も以前は適応障害で軽い鬱でした。
今は味覚障害です ♪ 。
『 最後は酢を回してフィニッシュ!』 って
チョッと今度は違う病になってませんか ? ♪ 。
『 味変 』 って言ったらかなりの重症になるので
お体を大切に ♪ 。
ちょっとブラックですみません ♪ 。

Re: タイトルなし

ごぶさたしております。ぼんやり過ごしております。んでたまにラーメン食べてます。
お酢は結構好きで、昔は生野菜も酢で食べてました。

味変に関してはノーコメントで…ww
プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。