スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 麺職人 鶏だし塩

時間があるうちにブログを真面目にやる。やってる内容はカップ麺だけど…。

日清の麺職人。これの醤油を食った時に、醤油味のラーメンの旨さを再認識したのでありました。
秋田県民って味が濃いものが好きなのね。だからラーメンも醤油味なら甘くさえ感じるくらいの味付けだし、その他は味噌ラーメンが主流なんです。

もう少し細かく、しかしながらざっくりとやると(どっちだ?)。オラの思う秋田県内の一般的なラーメンのイメージだと…

北は大館は甘目醤油もしくは錦というお店の味噌~能代あたりだと十八番などの老舗系は割とあっさりした醤油、天ぷらが乗っかった「天ぷら中華」も醤油系~秋田市内だと老舗の紀文はもともとお蕎麦屋さん、八屋はギッチリと味が濃いめの醤油・味噌~本荘は老舗って言ったら清吉の中華~湯沢は油膜が張ったラードコート系に十文字ラーメンは醤油。

と、こんな感じで醤油ラーメンってあまりにも陳腐な感じがして手を出さない分野だったのでありました。特にどことは言わないけど某そば屋の中華をあえて積極的に避けているのは、オラのブログを見てもらえるとわかるはずです。あれだけ色んな人が取り上げてるのに一回も出てきてないっすもんね。

そんなオラですが、カップ麺で醤油を再認識した麺職人で、特にすげぇ!!って思ったのはやはり麺。ツルツルさが本物みたいだ!と思った。一時期ハマって麺職人の醤油ばっかり食ってる時期がありました。おそらく大学を出るとか出ないとかしてた頃だと思うので15年も前かな。今は幅広く食べますが、やっぱりほっとするのは麺職人の醤油。

と、麺職人推しをひとしきり述べたところで。今回は鶏だし塩。








麺はやはり秀逸!な出来上がりのウエーブ軽めなストレート細麺。ノンフライってすっげえ!って思う。なにせ口当たりが良いです。
ツルツルさも好きよ。あっという間に麺が無くなってしまう感じが、毎度の事ながらさみしく感じます。

具はかき卵とネギ。シンプルこの上無い感じですが、スープが鶏だし塩ってことなので、チャーシューはちょっと違うのかな、と。

スープは鶏だし塩との事で、なかなかにふくよかなんだけど、オラにはちょっと塩が強く感じられました。塩分量2.2gって事で醤油とそんなに変わらないみたいなんですけどね。

味に関してはお湯の寮で調整して食しました。塩が強い、とか言いつつスープが…。

日清商品HP


クリックしてくれるとオラがニヤニヤします!
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

【PR】カップ麺のおともに、こんなアイテムは如何でしょう?

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

tag :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。