スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒲田 元祖平壌冷麺 食道園 冷麺

蒲田は食道園さんを訪れてまいりました。

オラは今、埼玉県は戸田市に住んでおりまして、駅までは歩いて15分かからないかな?という位なのです。戸田から蒲田まで、定期券を有効に活用して有楽町経由で参りますと。大体1時間くらいかかります。1時間かけて、たったの1杯の冷麺を食いに行く。それほどの価値はあるのか…?

結論。あります。

お店外観



調理中の店主氏



冷麺着丼



ガヤガヤした感じがとても落ち着く町、蒲田。前回から2年経ってますが、お店はあるかなあ?と向かいますと。ありました、食道園。看板は仙台の稲荷小路(だったと思う)のお店で使ってたものだそうで。オラも一回行った事があるんですよ。いや、マジで。その時も「カルビ・生ビール・シメに冷麺」という通セットだったんです。

今日は比較的店内が落ち着いてる時間帯だったので、音の出ないカメラで店主氏の調理中も撮影してみました。前回は奥さんもいたんですが、今日はお休みの模様。パートのおばちゃんに冷麺辛味別と、これまた通オーダーを決めて店内を見ておりますと、有名人サインが増えてますね。

オーダーが通った後に麺を押し出している音がします。油圧のモーター音が聞こえるわけです。盛り付けの勢いはないけれど、丁寧な仕事ぶりに好感が持てます。

さて、冷麺。
今の季節にするとオラの感覚ではゆるめに感じる麺のシメ方ですが、でも冷凍物とか茹で置きじゃない本物の食感があります。スープは以前に比べると若干薄味な感じがしますが、辛味とお酢で好みな感じにしときました。

ネギの刻み方やリンゴの下処理、キュウリの漬かり方まで全てオラの好みです。

というか、オラの冷麺はこれなのです。ここから始まってるんだもんね。

両津さんじゃないけど。「ここの冷麺の味がわからねぇなんて、人間じゃねぇ!」と言った感じです。

盛楼閣も三千里も髭も、もちろん旨い(あえてP舎とは言わない…)けど。

ここだけは別格です!!

【PR】

岡山の職人がオーダーメイドで箸を手作りします!高級国産漆(うるし)で丁寧に仕上げます。

テーマ : 美味なるもの
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。