赤羽駅構内 舎鈴 味玉つけ麺

いやぁ、赤羽ってひらけてますねぇ。休みの日に散策しに行ってみようかしら。丁度定期券も復活したし。




ホントは十条の燦燦斗に行きたかったんだけど、東十条駅を降りて探したら、休みであることが判明。赤羽の駅の中に六厘舎系列のお店があるってんで赤羽で下車したのであります。

赤羽の、しかも改札の中っすよ?やたらとだだっ広い中に、食い物屋さんがたくさんあって、その中で異様な行列が見えます。それが舎鈴。

東京駅のラーメンストリート(だっけ?)の六厘舎の行列は、異常そのものだけど。赤羽の駅構内での行列ってのもなかなかに異様。オラの前に8人程度…なんだけど、何だか変に回転率は良いみたい。変に…。

麺は黄色みがかった太麺で、茹で置きだけど嫌な感じのベチャベチャ感はあまり感じられなかったす。今の流行ほど詰まった感じも無くて、まぁ普通に食べやすいかな、と。量的にはまずまず普通ですが、ガッツリ!食べれる人達には、大盛りが有料なのは痛いところじゃないでしょうか。都会のつけ麺って大盛り無料が、ほぼデフォになってきてるようですからね。

具はメンマがちょっとと、厚めで食べごたえのある小さなチャーシューが2個入ってます。麺には海苔と味玉。
味玉も、まぁ普通ですわな。チャーシューを仕込んだ醤油ダレにでも漬けた感じですかね?クセなく食べやすいと思います。ん、普通っすね。

つけ汁も、昨今主流になりつつある、豚骨魚介っぽい感じ。いわゆる「またおま系」ってやつっすね。魚粉がふんわりなんで、これも普通にクセが無くて食べやす系です。

卓上にはお酢と柚子の粉。

割りスープだけは異様に熱々っす。

最後にオフィシャルサイトからかっぱらってきた画像を乗せておきます。

menu_img_ajitama.jpg

あー、そういや。ナルトもつけ汁に沈んでたわ…。思い出した。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂