油そば総本店 新宿アルタ裏店 油そば

油そば×トランペット=佐々木大輔

ミョーな事を言うと、大輔君の女性ファンに吊るし上げをくらいそうですが…。大輔が油そばを食べるのは事実なのであります。




今回は「油そば総本店」さん。面白い名前なのでカッコをつけてみました。

以前にぶぶかのカップ麺で食べてるんですが。今回の総本店さんのは、それほど油油してない感じがします。『油こい・濃いめ』のタレを、とおもってたら。意外とアッサリですね。味もしっかりはしてるけど薄い感じ。そしてすごくシンプルで。TPでバリエーションを持たせる、すき家とか幸楽苑的なビジネスモデルな印象。

麺は、おそらく加水率(っていうの?)が高めな、モチモチ・ツルツルな麺です。タレのノリも良いんですけど、何より熱々なのがうれしいっす。タレの絡みが良いです。
綺麗にストレートな麺でございまして、あんまりクセはないので食べやすいです。そして量的にも質的にも普通なので、女性の方でも食べきれると思います。実際、食の細さでいったら女の人並なオラでも「大盛りでもイケたな」という印象でした。

具材は小ぶりなチャーシューブロックとメンマと、ネギに水菜。ネギは若干と香りが抜けてるというか、独特の癖が出ないように処理されております。白いところだけなので、時期によってはコストがかかるところだと思うす。
チャーシューもまた、クセのない仕上がり。

タレもまた不思議です。最初は「味が薄いなぁ…」と思ってましたが。混ぜようが足りなかったのかもしれませんが、なんだか食べ進むうちにジワジワときます。卓上にラー油とかがあるので好みな感じにカスタマイズするのもよろしいのではないでしょうか。マヨネーズなんかも、時にはアリだと思います。

そんな卓上には、ラー油にマヨネーズ。面白いところで白ゴマ(小さなすり鉢があるので、それで擦るわけです)に米酢に黒酢。結構色々あるんで、ここはほんとにお好みでどうぞ!な感じ。

麺の量をチェックしたんですが、並だと150グラムで大盛りでも200グラムだそうで。東京あたりだとポピュラー通り越して、ほぼ当たり前な感じになってる「大盛りも同じ値段」でやってます。

油そばって言う名前ほど、脂っこくない印象ですね。

東京名物油そば総本店
【PR】

岡山の職人がオーダーメイドで箸を手作りします!高級国産漆(うるし)で丁寧に仕上げます。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂