スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 つけ麺の達人

常々やりたいと思ってた企画。袋めんはどうなんだろう?という事だったんです。

思えば。冷麺職人をやってた時代に。昼メシで冷麺とテグタンクッパばっかり食ってて、何か変わった事をしよう!と思ったのがきっかけで袋ラーメンを食べていたわけです。茹で湯とかはふんだんにあるし、ネギとかも…まぁあったんで。
当時はつけ麺という文化は殆ど秋田にはなく、あってもかなりの黎明期だったんだと思います。麺はラーメンと共通の麺を使ってるところが多かったと思うし(と言うほど当時のつけ麺を食べてはないんですよね、オラ)。

まぁそんなわけで袋ラーメンなんでございます。乾麺の袋ラーメンとは違う、茹でる面白さがあると思ってまして。好みで麺カタとかも出来るし、やる気があればメンマとかチャーシューとか茹で卵なんかを乗せたりもできます。茹で卵は冷麺職人時代に…以下略。

そんなわけで。





photo.jpg

パッケージ写真がかなり美味しそうに出来上がっておりますが。ナルトもチャーシューも茹で卵も入ってませんので、これはお好みで追加する方向で。

麺がかなり旨いっす!今回は冷もりで食しました。オラ、あんまり冷もりは途中でつけ汁が冷めてしまうので得意ではないのですが、やはり冷もりならではの味わいがあると思いました。麺の味ってもしかしたら冷もりのほうが感じやすいのでしょうかね??
食べごたえのある太麺でいわゆる「つけ麺」といった感じです。量的には女性でも足りないかな??くらいの量ですね。麺の量としては130gという事ですが…少なめな感じです。

つけ汁は魚粉が香る感じで、これまたいわゆる「つけ麺」な感じなんですけれども、鰹節系の魚粉っぽさなのでくどさがなく食べやすいと思います。イワシが強く出るとニボニボな感じになるんでしょうけど、そういう感じではないですね。この辺もニュートラルなつけ麺な感じです。『またおま系』というんでしたっけね?

んで面白いのが割りスープ用の小袋が入っておりまして、これを100ccのお湯で割るわけです。んで追加するのですが…。ふんわりと柚子っぽい柑橘系の匂いが追加されて、割りスープはこれまたカツオっぽい匂いでかなり旨い。凄いね、これ。

麺茹ではたっぷりめのお湯で。つけ汁と割りスープのお湯量はしっかり量ると吉です。お湯が多すぎると薄まった印象になっちゃうんじゃないかね?と。

そのまんま食べても旨いし、あえて一味とお酢を加えて山岸先生んとこみたいにしてもイケます。

ときに前島さん。独学でラーメンを作ったってお人なんですね。確かひるがおのカップ麺を取り上げたことがあったと思うんですが、その頃からこのつけ麺の達人が気になってたのを思い出しました。

前島氏のブログつけめん8

日清 つけめんの達人

クリックしてくれるとオラがニヤニヤします!
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

【PR】カップ麺のおともに、こんなアイテムは如何でしょう?

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。