スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 行列のできる店のラーメン 仙台 特濃辛みそ旨トロスープ






商品名を間違えてました。行列ができる、ではなく正確には「行列のできる」でした。行列が…は法律バラエティ番組の方だわ。

長いっすね、商品名。

猪木さんパッケージのが店頭から消えてしまってまして。で『ニア300円ゾーンって、正直どうなのよ?』という事で。

迷わず食えよ、食えばわかるさ!ダー!!

とばかりに、284円に手を出してみました。さすがに値段分旨いですよ。何よりチャーシューが豪華。豪華絢爛。

鶏ガラだと思うんですけども、じっくり炊きこんだものにミソダレのスープ。これがエセ北海道ラーメンみたいな嫌な感じの甘ったるいのじゃなくて、きちんと味噌味の東北仕様の味噌ラーメン。
これにもうちょっとソリッドな味わい(モヤシを鉄鍋で一気に炒めてから入れる:在りし日の錦の味噌ネギとか)の方向に振ると秋田仕様な味噌ラーメンになりますし。ミソダレと合わせるスープを貧弱にすると、それはそれで秋田仕様(暖簾なんかを大事にしてしまったり…)になります。

仙台の味噌ラーメンって未だ食した事はないけれど、モチモチとした麺は「麺まで仙台風」との事。たしかに味噌ラーメンにはこういう麺が合いますねぇ。伸びる感はあんまりないです。これはモチモチ麺の良いところ。適度に縮れてるのでスープを連れてきてくれます。

具はメンマにネギに、チャーシュー様。あとキャベツが少々。キャベツは底に沈んでて食べ終わるまで気付かない感じなので、もっとキャベツが多くても良いかなぁ。味噌ラーメンにキャベツってアリです!

お約束どおり、中盤からワカメを投入しました。あれ?やっぱりラーメンにワカメってアリだわ。ベーコンポテトマヨネーズみたいなトンガリ系じゃない、オーソドックスなのには合うという事を再確認。チリトマとかも難しいかもね。

日清HP
製品HP

今回、久しぶりに『ニア300円』を食してみました。安易に「カップ麺に200円も300円も出せないよ」なんて言ってないかぁ?食ってから言い給へよ?
実店舗でもラーメン1杯1000円って高いと感じるんだけど、本当に旨いと思ったら払いたくなるもんね。花月でトッピングにサイドメニューで千円じゃなくて、単品ラーメンで千円。

食ってみないとわからない事ってあると思う。

迷わずココ↓から買って食えよ。食えばわかるさ!!
しかも1杯あたり250円位なのでオトクだ!




テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

tag : 味噌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。