研修所メシシリーズ 11月8日夜




箱根研修所メシシリーズ。全国津々浦々から(いや、冗談抜きでほんとです)人が集まって来ておりまして。前回のラーメンもそうなんですが、オラが気になっていたのが「味噌汁はどうするの?」だったのであります。
オラがアルバイトをしていた「つぼ八久地店(閉店)」では、ごくごくオーソドックスな味噌でオーソドックスな出汁で作っておりました。醤油を仕上げに一たらしってところまでセオリー通りのマニュアルで。ただ具材に関しては結構に遊ばせてもらってましたけども。
味噌汁も全国いろんな所で色んなバリエーションがありますんで、その辺はどうするんだろう?と。

箱根研修所の答えは、味噌汁に留まらず色々な汁物で対応することでありました。

お澄ましのような感じの汁物に、おそうめんみたいなのが入ってるものとか。春雨スープ的に解決してみるとか。

ふむ、なるほどね。

さて今回は、豚の生姜焼きがメインですが。ここに何故かサバの味噌煮が追加されている、いわば「メイン×メイン」な豪華さ。生姜焼きの甘じょっぱさなんかは、メシが進む進む…。
諸先輩方が『箱根に研修に行くと太る!』と仰っているのが、何となくわかってきた感じです。

付け合せの千キャベツはドレッシングがかかっておりまして、小鉢はきんぴらゴボウ。

若干野菜不足な感じがしますねぇ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 柚子風味 家系 背脂