スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田市 ぞんたく 赤 Wバカ

今回も盛大にさぼっております…。お陰さまで無暗やたらと忙しく、転職活動も遅々として進展がないまんま2か月。何とか正式内定までこぎつけました。こぎつけたんですけれども、これからの仕事の内容ってのが未だ見えないっていう、将来のビジョンなんか描けるわけがないじゃないか!という…そんな面接があったわけです。

「詳しくはwebで!」みたいな感じの、そんな転職活動なんですけれども。まぁ、オラらしくて良いかな?なんて思っております。

合間をぬいまして。お世話になっております、職業指揮者岡田師とシーメ。話の流れから「じゃあ、ぞんたくに行ってみようよ」と相成りました。道中にお師匠には、「豚骨×細麺はちょっと鬼門なんですよね、カップ麺では…」とお話してみました。
「実際に現地の物や、現地の物に近いものを食べてみるのも勉強ですよ」という、流石日本全国を飛び回っている指揮者の方らしいアドヴァイスと、「苦手と考えて自分を狭めるよりも、苦手な理由を突き止めるようにしてみると、もっと色んなものが見えてきますよ?」という。何ともお人柄が伺えるような温かいお言葉を頂きました。
そうっすよね。オラが吹いてるチューバという楽器が世に出たのは200年くらい前の事であります。勿論、西洋音楽を勉強するに差し当たって必ずブチ当らないといけない大バッハ先生の作品には、登場する余地が全く無いのです。そんなオラはどこか、仲間外れ感があったんですが。チェロの作品は音域的に演奏が可能なものもありまして、吹いてみると旋律がシンプルながらも味わい深いですし。和声感を感じながら演奏する事の大切さに、改めて気付かされた事を思い出しました。

ありがとうございます、岡田お師匠。



お手洗いに立ったお師匠の為にお水を用意して待っておりますと。お師匠もオラの為にお水を持って来てくれました。オラもこういう気遣いが出来るような人間にならねば!と感じます。
そんなわけで、水もWで…(笑)




色んなラーメン本で。この凄いルックスのラーメンを見てて。興味はあったんですが、中々入るに至らずにいたお店。煮卵をTPしたら普通のラーメンっぽさが感じられるようになってますが、海苔とネギのインパクトはかなりですよね。

ネギ好きなので青ネギがTP出来るお店では、そうする事がおおいんですけども。困るのは一発目にスープをすする時でございます。ネギはなるべく入らないように慎重にレンゲを操作するんですが、やはり何カケかは入って来てしまうわけです…。

初ぞんたくさん。スープはちょいと獣系な臭みがあります。赤=醤油って事だそうで、醤油的なキレはありますし、豚骨の濃厚なまろやかさもありますが…若干臭め…。お店の外や店内に充満してる感じではないので、下処理はしっかりやってあるんだと思われます。
「なるほどね」って事で、コショウを振りましての応酬。ニンニクとの相性もよさげな感触でしたので、ニンニクもいっときました。結果、臭みは気にならないようになりまして、中盤戦からの紅ショウガ投入で一気にスープまで!!と行きたかったのですが…転職の際の健康診断で、血の関係で精密検査を要求されたのを思い出して断念したわけです。ちなみに岡田お師匠は、しっかり飲み干しておりました。

麺はオラが最も苦手とする細麺のストレート麺なんですが。ツルッとした感じと、茹で加減が良いんでしょうね、噛み切る時の感触はクセになりそうな手ごたえがありました。神奈川は溝の口の広豚麺で細麺でオーダーした時の違和感みたいなものは、今日この時の為の布石だったのか!!(広豚麺の細麺が美味しくないわけじゃないです、悪しからず)みたいな。家系インスパイアなお店で細麺ってのが、変わってるんだけど悪くはなくて。ザックリと家系って見ると違和感はあるんですけど、旨かったんですよ。
ぞんたくさんのは、モロに細麺文化の国のラーメンなんだもん、細麺でダメなわけがなくて。食べ終わってみると最初の【臭み】と感じたものまでコミで、また食べたくなりました。

具はキクラゲと厚めで柔らかめなチャーシュー。写真でお分かりの海苔とネギ。
オラとしましては、次回以降は全てネギバカで行こうと思っております。オラのバカ舌には、こういうスープはネギだけで楽しみたい感じがありました。
でも。麺を食べ終わったスープに、海苔とご飯を入れて食べたら…さぞや旨かろうなぁ。。。

卓上には、胡椒・すりゴマ・ニンニク。紅ショウガと辛子高菜がございます。

師曰く、
「こういう風に。自分の好みな感じに薬味を入れていける自由があるラーメンなんだよ、そこが面白いんだよ!」
と。

オラの友達が言うには、
「出した時点で出来上がっていなければ、それは完全な料理とは言えない。客に焼かせるお好み焼屋などは料理屋ではない!」
ってのもいます。「コショウ以外の、味が変わるものを足しても成り立つようなラーメンは認めたくない!」と言ってるんです。

オラが不思議に思うのは。オラの友達と、岡田お師匠様が。何故か気持ち悪い位に仲が良い事なのであります。どっちかが譲ってる感じは全く無くて。

そんな気難しいのと一緒にいて、オラも色々勉強となってる事が多いわけです。

押忍!勉強させて頂いております!

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。