マルちゃん 本気盛 青カラネギ塩

そろそろ秋物の香りがしてきたのかな?といった流れでしたが。いやいや、今日だって暑いじゃないですか。








暑い時には辛めのものでシャキッと!です。新商品ラッシュが一旦終わったのか、なかなか手に取れなかったカップ麺を食す良いタイミングだと感じております。
しかし忙しい業界なもので毎週新商品が並んでたりします。ニュータッチの酸辣湯麺 なんかが今夏はお気に入りで何度も食べてるんですけども、実はそんな暇は無かったりするのが現状で…。
ちなみに「カップ麺の新発売情報が知りたいよぉ…」とお悩みの皆様。そんな時には『カップ麺をひたすら食いまくるブログ』さんがかなり気合入ってて便利です。「どれを食べようかなぁ、ワクワクだなぁ」的に参考にするもよし、「上から全部制覇してやるぜぇ!」的楽しみ方も出来ます。勿論カップ麺記事も参考になるものばかりですので!何事も先達はあらまほしき事なり、でございます。

「美しいものが美しいと感じられるのは、本当に美しいものを見た事があるものだけなのだ」という事。「この演奏は間違ってるから駄目だよね」とか「出だしが揃ってない!」という簡単な見方ではなくて、それがどうどのようにダメなのかってのは、本当に合っている調和しているものを知らないと批判できないわけなんです。
吹奏楽コンクールの東北大会の常連校の指導者の先生が知り合いでいるのですけれども、「全国大会で同賞の演奏が、実は本当は参考になるのだ。どうして同賞なのかを考える事も勉強なのだ!」と仰っておりました。なるほど、金賞を受賞するような演奏は上手いね!で片付いてしまうんですが…。やり手はものの見方が違ってて、でもそれを真似すればやり手になれるかってぇと、そうじゃないんだけども。考え方だけでも、発想術だけでも真似してみたくなるわけです、オラみたいな凡人は。

で、話がいきなり戻るんですけどもね。他所さんのブログの記事って勉強になるんです。自分の感じ方と、カップ麺の先輩の感じ方。それをどういう風に文章に表すのか、どういった言いまわしで伝えようとするのか。
そんなわけで色々参考にさせて頂いている(わりにはちっとも進歩がないオラなのではありますが…)カップ麺をひたすら食いまくるブログさん。オラがカップラーメンという言いまわしではなくてカップ麺と表記し続けているところは、おおきな声では言えないのですがリスぺく…ゴニョゴニョ。

芸術論から東北の吹奏楽事情まで盛り込んだ、壮大なスペクタクルのマクラから。今日もやりましょう!実はマクラの時点でもう疲れてたりするんですけどもね。

青カラネギ塩というネーミングとパッケージ写真から、赤唐辛子が入っているようには見えないので青唐辛子系の強烈な辛さと発汗を想像していたのです。でも意外とマイルドながら、しっかりピリリと辛い感じ。青い唐辛子にイメージする激辛な、痛みに近いような刺激は無いっすね。話してみたら意外と良いやつだった、的な。

蓋をあけると、こんな感じでガッツリとネギが入ってます。白い部分が食感しっかり目な大きさで、青い葉の部分も大きめに入っています。お湯で戻った時には「おお!ネギ!」って思うんですが、その実あんまりネギっぽい香りはしないかなぁ??ネギの白い部分的な魅惑の香りは無くて、そして青い部分のネットリとした妖艶な舌触りも殆ど無いです。
オラん家はカタイナカにあって、もれなくバァサマ付属なので。畑から採りたての野菜が食える事だけは恵まれているのです。そういうネギとフリーズドライを比べてああだこうだ言うような野暮はしたくないんですけども。
まぁそういった含みはありましても、このネギ感!は凄いっすね。カップ麺の具としてネギを見つめる事ってなかなか無いじゃあないですか。今度、次回カップ焼そばを食べる時には、カップみそ汁はネギをチョイスしてみようと思います。ネギがこんなに!というインパクトは、もう一回味わってみたい。
そんなインパクトに隠れて、メンマが何切れかと。挽肉が具材になっております。

麺は平打ちでウェーブがかかった、少し長めに感じる麺です。これも汁ハネには若干の注意が必要な感じ。
前回のデミグラスヌードルみたいなモッタリスープにも合うんですが、こういう切れのいいスープでも旨いなぁ。スープのノリが良い感じです。柔らかめな感じもしますが、スープの塩味を含んでいて麺に味があると思います。
量的には本気盛りシリーズなので、なかなか食べ応えがありました。

スープはピリリとした辛さの裏側で、豚っぽい感じと香り強めな魚介系で構成されてるのではないでしょうか。しかも魚介系が結構強い感じがします。魚粉とまではいかないにしても、時代の流れというのか流行に乗っかろうとするのが見えます。塩っ気はそんなにキツくは無いんですが、なかなかパワフル且つ繊細なスープなんじゃないかしら。
美味しく感じられたので、スープの減りも早めでした。

マルちゃん 商品ページ

クリックしてくれるとオラがニヤニヤします!
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

【PR】カップ麺のおともに、こんなアイテムは如何でしょう?

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

tag : 辛い系

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂