スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エースコック どっさり野菜 チリトマト味ラーメン

時間がある時にまとめて更新。これ、数少ない読者さんには申し訳ない事のように思います。出来ればやっぱり、その日の物はその日のうちに更新できるのが一番なんですけどねぇ…。








過去に2つほど紹介しているどっさり野菜シリーズ。野菜と麺の比率をいじった、中々なアイデアの商品だと思います。今回はチリトマト味という事で、変に期待しちゃってハードルが上がり過ぎないように気をつけつつ食しました。

蓋を開けて中を覗きこむと、やはり麺は少なめな印象でございます。その分野菜が多く入っている、という事なんですけども。コンセプトとしてはとっても斬新なカップ麺ですよね。野菜が多く採れるのは勿論嬉しいし、オラみたいな意外と小食な男にも丁度良い感じなんです。
縦ロングなので、麺の上にスープが振りかけられています。すなわちお湯を注ぐだけ。安藤百福さんが「チキンラーメンの次はこれだ!」と、カップの中に麺を入れて粉末スープを振りかけて蓋をしたんだそうです。そのポリシーが息づいている縦ロング。さりげなく凄いと思います。

お湯を注ぎまして待ちまして、蓋をとってみます。油あげ麺の特徴的な所って、蓋をとったら結構お湯が減ってる所だと最近感じるのです。この隙間に再度お湯を足すのか、それともそのまま食べ始めるのか。はたまたその隙間を利用して生卵をトッピングするのか。誰か統計をとってみて欲しいもんですね。ちなみにオラは最近はお湯再投入派。

スープは軽くピリ辛系スッキリ方向。カップヌードルチリトマト比だと、酸味少なめで最初はなんて事ない味のように感じます。食べてるうちにスッキリした中にいるチキンっぽい味が分かる感じ。それとキャベツ的な甘み。

麺はヒラヒラ感のある縮れ麺です。スープの絡みは良い方なのかな?フライ麺っぽい、ちょっとスカスカな感じもありますけれども、嫌な感じではないっすね。量的には腹八分目な感じで、お腹にも優しい気がします。

具はキャベツメインで、コーンがサポート。トマトは…いた?位。今年の四季物語の夏程ではなくても、トマトの存在感は必要ですね。チリトマトってくらいだから。

期待値からすると肩すかしな感じはありますけれども、隠れカップ麺需要を掘り起こせるかもしれないコンセプトだと思います。うまくやったら、スープ春雨人口をゴッソリいけるかもよ???

カロリー対策をどうするかですよね。267キロカロリーとなかなかの値なんですけども、「カップラーメンってカロリー高そう!」なイメージを何として跳ね返すか、が難しいんですよね…。

エースコック 商品ページ


クリックしてくれるとオラがニヤニヤします!
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

【PR】カップ麺のおともに、こんなアイテムは如何でしょう?


テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

tag : トマト 辛い系

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。