大仙市 十郎兵衛 らーめん




この日は。思いっきり良い事のない日でありました。会議の為に早起きするも、長距離移動の為に時間の配分がマチマチになり、結局30分も早く会場入り。昼食は用意されていたために、扇屋で「味噌つけ麺にビール」とか末廣(リンクは盛岡店ですが)で「中華とビール」とか言いたかったのに…。
帰りのタワレコでも欲しいようなのが無いし。
秋田から大曲までは標識を見るに50キロ近くあって、仁井田の俺ん家に向かうも定休日のようでした…。

こりゃ。一旦は諦めたんだけど。大仙に向かわないとならないような気がして。行って、何か良い事が一つくらいないと自分が可哀そうな気がして。

国道13号線を南下いたしました。「これでスープ切れで閉店とかなら。それはそれで諦めがつくわい!」とか思いながら。

途中、河ドラとか丈屋の支店とか、アジキューとか色々あるんですねぇ。普段走らない道なので、普段は知らない(軽く韻を踏んでみました)お店がいっぱい。

そんな感じで大曲市内に入りまして。お店に到着でございます。

十郎兵衛さん…はぁと。。

限定のトマトの冷やし麺を食おうと思ってたんですが。心変りして、らーめんを食しました。以前にお伺いした時にはつけ麺を食べまして。麺の味がしっかりしていたのが印象的でございました。って、そりゃあシッカリ!した仕事してるんだもん、当たり前なんですけどもね。

まずはスープからいきましょうよ。楽しませて貰いますゼ!と手を合わせて、レンゲでひとすくい。んー、際立って何かの刺激的な味がするわけではないのですが。すごく存在感がありつつ、ジンワリと旨いっす!
魚介系な香りがありつつ、見とれている(綺麗なラーメンには、つい見とれてしまうオラです!)うちに油膜が貼ってくる動物系スープ。全くケンカしていません。上質なオーケストラのテュッティのサウンドのようです(よくわかんない例えだな…)。
この蒸し暑い夏の日に。熱々ラーメンのスープで感動出来るオラの感性が間違っているのか。それとも、そんなロケーションなんか物ともしない位に旨いのか。これは食って判断して下さい。食ってみてくれ!

放っておくとスープだけ飲み干してしまいそうなので麺をいきましょう。麺は、これまたしっかりとした仕事が生きている麺でございます。ストレートにストンとした感じが、とっても綺麗なお姿の麺。噛むと歯ごたえもありのの、それでいてブツブツした嫌な感じは全く無いのです。咀嚼する感じが、もう旨い!飲み込む時に2度旨い。

具はネギと茹で卵。チャーシューはホロホロ感もありつつトロトロ感もありつつで、こういうところにも気遣いが感じられますねぇ。
メンマは歯触りが楽しい太さ。温かいスープに浸っている分を考えると、つけ麺で食す時とはまた違った印象があります。ネギはよく切れる包丁で切ってますね。切り口を見れば、冷麺職人をやってたオラには分かります!切れない包丁では、こんな感じにはならないのです!良い仕事です。

「夜中にお腹が減ったら…」と悩みまして、今回はライスをくっつけてみました。銀シャリの炊きたて!とまではいかないにしても、保温臭の無いライス。モッチリ目に炊きあがってるのは、やはり店主氏が秋田県民だからなのでしょうね。って、「何でもかんでもひいき目かよ!」と??そうですよ、旨いものは正義なのです!
スープの味の印象だけで、白メシがすすむすすむ!

普段は「スープの飲み干しは厳禁!」と、オラの相手をしてくれる有難い人と約束したのですが。これを前にしたならば…やっぱ、いくでしょ。

押忍!スープまで。キッチリと楽しませてもらいました!

こういう感じのラーメンって、スープのパンチに対抗する感じで塩分(塩味といえば良いのかな)を強めに設定してバランスをとるもんだと思ってたんですけども。実際に図ったらどうなるのかはわかりませんが、塩分は抑えめなんじゃないかな?って感じました。なんかね?優しさがあるんです。

化調とか無化調とか。そういうの、オラはわからんの。バカ舌だから。
だって、便利じゃないですか!居酒屋の野菜いための味付けなんか、一発!でキマるんですよ。楽なんだもん。面倒くさい仕込みとかいらないし。

そんな。安居酒屋のバイトあがりのオラにも色々教えてくれる人達がおりまして。有難い事ですナンマンダブナンマンダブ…。

秋田市から50キロ。価値あります!
大仙から帰るのに60キロ!お釣り来るんじゃないか?

やっぱり旨い!

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂