日清 トマトのジュレの冷製パスタ








前回、同シリーズのうどんで色々書いてみたんですが。やはりシリーズものはコンプしたくなりますもので、今回は冷製パスタの方にいってみたっす。

前回の反省をいかしつつ、今回も熱湯調理でやってみました。手順的にはレンジが使えるんなら、そっちの方が手間がかからなくてよろしいのですが。レンジ調理を選択する際には火傷にご注意を!規定時間レンジで回すとかなり熱いです。ええ、ええ。火傷した事あるオラが言うんだから間違いない。

今回は湯切りの後の水で〆るのを3回に増やしてみたのですが、やはり夏仕様!のキンッキン!にはなりませんですねぇ。できれば氷水を使いたいところであります。そしてジュレの方も別で、冷蔵庫で冷やすとよろしいのかもしれないですね。

麺ですけれども。うどんに比べて若干ほぐれづらい感じがします。箸でちからづくでほぐそうとすると、今度は麺がブツブツ切れちゃうし。痛し痒しな感じ。気長に丁寧にやってると、今度はアルデンテがブンチャッチャになっちゃいそうな気がするという。
食感は昔に給食で食べたような、ソフト麺的なパスタ。パスタと言うよりはスパゲティな感じとでも申しましたら伝わりますでしょうか。

ふりかけはトマトチックなブロック状のもの。カリッとした食感かと思うのですが、ジュレの水分でフニャッとなってます。別に邪魔な気はしないけど、存在感はほぼ無し。

んで、今回ジュレはしっかりと揉んでおきました。うどんよりは絡みは良いだろう、とは思ったのですが。それでもしっかりと!反省を生かすから人間なのであって、反省だけならお猿さんでもできるのですよ!なんて思っているオラに、バルサミコの酸味がガツン!ですわ。
袋を開けて麺の上に投入した時点で、かなりの酸味のある香りがしております。そうか、バルサミコってこんなに酸味がキツイんだったっけ…。一気にかき込もうなんてすると、まず確実にむせます。ここも注意ポイント!
フルーツトマトっぽい甘クド系も夏場は…な感じがしますが。さすがにちょっとやり過ぎな感じがする酸味の強さですねぇ。バジルの香りを頼りに、強過ぎる酸味に軽く頭痛を感じつつ完食。お口直しという意味ではないのですが、今日選んだカップスープはワンタンスープの酸辣湯。どんだけ酸っぱいものが!っていう感じです。
冷麺に酢を3回し半とか、大勝軒系列のつけめんにも追加で酢を入れちゃったりとか。キャベツの千切りを酢醤油で食べるのが好きなくらいに、酸味耐性は強い方なんですが…。そうか、ヨーロッパの壁は厚かったか…。バルサミコ酢も少しは勉強しないとならんですな。

エネルギー 367kcal
食塩相当量 : 1.6g

カロリーはまずまず。塩分が少なめで、更にこれだけ酸っぱいんだから体には優しいのかも…ですね。塩味の代わりに酸味で色々たべよう!という感じの、血圧高めなオラにはよいのかもしれません。

日清 製品ページ


クリックしてくれるとオラがニヤニヤします!
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

【PR】カップ麺のおともに、こんなアイテムは如何でしょう?


テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

tag : トマト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 背脂  家系