スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 出前一丁 まぜそば

なんやかんやで忙しさも一段落したっぽいです。最近は「カップ麺を食べてはいるらしいけど、全くブログアップしないブログ」という評判のオラんとこですが、またちょこちょこやって行きましょうかと思っております。








世間は絶賛のやきそば祭りでございまして。世の中の流れに乗りたくないという、ヘソマガリなオラは冷製うどんや今回のまぜそばとかを食したりしているのですが。
まぜそばや油そばなんていうのも、マニアックなラーメンフリークだけの物ではなくなってきて、結構に世の中に浸透してまいりました。油あげ麺のカップ麺のトッピングにベビースターなんていう、親ガメの上に子ガメを乗せるようなのは。これはお店で提供されてる油そばとかまぜそばの手法を、カップ麺版に移植した事がもとなわけですよね。中国からやって来た麺料理を、日本風にアレンジして定着させたってだけでもすごいのに。それを更に掘り下げて、工夫を加える。それがカップ麺にアレンジされていく。とんでもない事だと思います。面白過ぎ!カップ麺!

昔は「スープオフ系」なんて呼ばれてたかと思うのですが。まぜそばというのも随分と定着しました。スープが無いのですからどこかで何とか味を出さなきゃいけないのですが、今回の出前一丁はラー油がキーワードになってます。出前一丁の世界でいう『出前パパ』が受け継いできたと思しきラー油。パッケージには辛口ごまラー油と表記されております。
『からっ!』とありますけれども、常軌を逸した感じの辛さではなくて美味しいと感じられる辛さ。ゴマの香ばしさが良い香りですね。

麺は個性の強い太麺で、縮れは少なめ。太麺堂々とかの麺に近い感じのする、何と言いましょうか、若干ふかふか間のある、とでも言いましょうか…。見た目、つけ麺屋さんで出てくるようなモッチモチの麺に見えますが、ああいう風な凶暴な(主に胃袋方面に対して)感じではなく、そう!ふかふかなんです。強烈に胃袋にくる感じではなくて、食べやすい食感で食べた感じも胃袋がキツくならない麺です。

ふりかけもなかなかのお品物で、かけるとパッサパサな食感になっちゃうものもあるんですけども。今回のふりかけは白ゴマがゴマの香りを強調してて、他のスナッキーな奴らがいい仕事してます。

最初「途中で飽きるかも…」とか思ってましたが、なかなかどうして、飽きることなく食べ終わりましたですよ。まぁ個人的にはお酢を二垂らしくらいできれば、もっと美味しく食べられたと思います。
他にはゴマを増量するもよし、おろしニンニクでパワフル!方面に振るもよし、おろしショウガでさっぱりと…なんてのも良いかもしれません。

エネルギー 517kcal
食塩相当量 : 4.3g

日清 商品ページ


クリックしてくれるとオラがニヤニヤします!
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

【PR】カップ麺のおともに、こんなアイテムは如何でしょう?



テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。