スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花月 豚そば銀次郎、ライス・豚もやし




今回のオラの冒険。ライス(小)と豚モヤシで、豚モヤシ丼を作る。




出来上がり!

沖縄のラーメン店とカップ麺のブログ:まやさんのところで見てて。「確かにニンニク豚めし(小)の、写真と現物の落差にガッカリするくらいなら…」と思いまして、今回やってみました。CP値はバッチリ!そしてモヤシのシャキ感がラーメンをご飯もので受けるっていう、申し訳なさを少しだけ緩和してくれます。野菜も食べてるよ!的な。これから暑い時期になってくるともう少しだけしょっぱさが欲しくなりそうなので、そういう時にはタレを半周くらいかけてもいいかもね。

これ、アリです!

で、銀次郎。たしか最初は期間限定のメニューだったのではないかしら。評判が良くてレギュラー化されたパターンでは、黄金の味噌ラーメンもそうだったと記憶しとります。

スープは油膜がかってるルックス。でも微妙な温度加減で食べやすい(ちょっとヌルいかな??)です。魚介系といっても安直に魚粉をぶっこんだ感じではなくて、さりげなく香るスタイル。バランスは良いと思います。油膜の量ほどコッテリしているわけではなくて。あ、とは言ってもあっさりでもないなぁ…。6:4位でとんこつが強めとでも言いましょうか。

メニュー写真とはちょっと違う、クシャクシャのお肉は。なかなかじっくり味が染みてて美味しいです。

しっかし、さっき食ったのにあんまり印象に残ってないなぁ。どうしてしまったんだ、オラの記憶力は…。

でもスープを飲み干しそうになったのは、これがきっと口に合ったからなのでしょう。胡椒多めの壺ニラとニンニク絞りでかなりジャンクな方向にチューンナップしてはありましたが…。

具はお馴染みの半分に切った茹で卵と海苔。ネギは万能ねぎの小口切りが少々。シャキネギのゴマ油無しをTPでも良いかもね。
あと。これだけは毎度感心する味玉。黄身がトロリの芸術品。

豚モヤシ丼、かなりオススメっす!

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

豚もやし丼に、タレで味の調整っていうのも有りですね! 味の変化付けに試してみたいと思います(^_^)

銀次郎は確か癖の強い味では確かにないですね。
しかしカップ麺と同じく、地域が違っても同じものを食べる
ことが出来るのがチェーン店の良いところですね(^_^)

>>まやさん

いや、まじで豚モヤシ丼、良いっす!
オラが行く花月は豚メシの豚の盛りが少なくて、それでタレをかけてたんですけども。それよりならもう、豚モヤシ丼のほうが○です!

良いの教わっちゃいました!
プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。