由利本荘市 麺や ぼんず






由利本荘市にもジロウ系(まぁジロウ系の更にインスパイアとか劣化コピー?みたいな?なですけども)なお店が…!

と聞きまして。某秋田大学吹奏楽団そば部の顧問をやっておられる、岡田友弘氏と行って参りました。

場所は、由利本荘市役所の近くの永泉寺の隣。以前は「らーめんのどん」があった場所でございます。どんを経営していた方の奥様と、以前に一緒に働いた事がありまして、何だか気恥かしくてあんまり行けなかったのですが。どんもオラの中では結構お気に入りのお店だったのであります。チャーシューが柔らかくて美味しかった…記憶。
ちなみにお隣の永泉寺の和尚さんとは、高校で同級生だったりします。何だか最近世間が狭く感じるのは、これはオラがビッグな人間になりつつあるからでしょうかね?

そんなジロウ系なぼんず。

上の方の青い丼の方が「こってり・がっつり TP煮卵」でございます。ルックスは、やさいの盛りこそ大人しめですがオーダー時に「ニンニクは乗せてもよろしいですか?」と聞かれましたので、お願いしてみたら確かにジロウっぽい。

あっと、すみません。オラはジロウ系のお店には行った事があるんですが、正調の二郎には行った事がありませんです。なので同じジロウ系のマシンガンをベースに考えてるフシがあります。マシンガン比でどうのこうの、みたいな。

スープはちょっと味が薄めな印象でした。もうちょっとタレっぽい、醤油味っぽいところが欲しいかなぁ、と。大人しめというのか…。コッテリ感はありまして、ここは好みです。
野菜のボリューム感が目についたので、ここはセオリー通り麺をやっつけるほうから取り掛かりました。麺は太麺で噛み応えのあるゴワゴワまではいかないお品。だんだん腹つえぐなって来たので、コショウとお酢で味の方向性を変えて完食。
野菜はモヤシが多めな感じ。チャーシューはゴッテリしてて食べた感抜群。そしてわりと柔らかめ。煮卵は黄身トローリのかなりハイレベルな出来。

全体的に薄味でジャンクさが控えめだな、と思いました。

んで、2回目。下の方の黒い方の丼。黒い丼は、どんで味噌味のラーメンを頼んだ時に出てきてた丼かと思われます。

確か券売機で「こってり・がっつり」をチョイスしたはずなんですが…。写真をみると背脂が控えめな印象ですよね。押し間違えちゃったかしら??
ジロウ系のラーメンであっさりってのは、何だか味のピントが合わないです。薄ボンヤリな感じがしました。それでも卓上にタレがあるんなら、こっちで何とかするんですが。卓上にあるのはおそらく生醤油でしょうなぁ。

大きい声では言わないけれど。餃子があるわけでもないのに、卓上に生醤油がある意味がちょっと…。
あと、2回目の時の煮卵は。茹で卵を醤油ダレに漬けたような感じで、ちょっといただけない感じがしました。

確かに卵って難しいんです。ヤキニク屋時代も居酒屋時代も、卵を仕込む時だけはキッチンタイマーと氷水でやってましたもん。茹で卵は氷水で冷やさないと黄身の色が黒ずんでくるし。半熟卵なんて、5秒で出来が変わるし。鍋に火があたるあたり方でも出来がブレるんですわ。だからナベ底に焼網を敷いたりとか色々工夫するんですけれどもね。

ぼんずの卵は、ちょっとブレっていう言い訳が出来ないほどでした…。

本荘だと珍しい感じのラーメンなので、ちょこちょこ通って成長を見ていきたい(何様なんだか…)お店なのですが。もう一皮剥けてほしい感じがします。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

うーむ。やっぱり世の中狭いです。
その顧問の方と私も同級生です(>▽<;;

>>えだまめさん

> うーむ。やっぱり世の中狭いです。
> その顧問の方と私も同級生です(>▽<;;

なんですって!?大師匠と同級生の方ですか!

そりゃ、幾ら狭いにもほどがあるだろう、という…。ではそんな縁で、これからもよろしくお願いしますです( ^^) _U~~
プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂