秋田市 支那そば 伊藤 並盛り・ねぎ



キャッスルホテルにて会議。
この辺、食い物屋さんが寂しいブロックなんすよねぇ、なんて感じで。駅方面に歩いてみました。天気がよくて散歩にはちょうど良い時期になりましたね。
東風とか末廣も考えましたが。悩んだらベーシックに戻れ!って事で、支那そば伊藤。市場の近く、と言うか併設ってロケーションも面白いです。明るい店内ですし、お土地柄もありましょう。女性のお客さんもチラホラ見えます。何だかオラが、迷い込んだ感もある…感じ。

十文字ラーメンは。秋田県は旧十文字町(今は湯沢なのかな?)のマルタマや三角そば屋、マルタケなんかが有名な。写真でもわかるとおりのクッキリとクリアなスープに極細の手揉みの縮れ麺が印象的なラーメンでございます。
オラ、最初見た時に「嘘!味すんの?これ」って思いました。とても上品な感じなんですけども、しっかり味がしますよ。とても繊細なスープだと思います。焼干しとか煮干とかを使ってひいたダシと醤油でとったすっきりスープ。濃厚豚骨系とかコッテリ味噌とかが取りざたされますけれども、こういう1杯はとても大事にしたいですよね。二日酔いの日とかにもぴったりハマると思います。

三角そば屋さんは湯沢と横手、あとマルタマさんしか行った事が無くて。マルタケさんにはまだお邪魔できていないのですが、お店によってちょこちょこ違いがあるそうなんで、機会があれば食べ比べてみたいと思っております。

極細の麺がゆったりと泳げるサイズの丼。底まで見える位透き通ったスープ。ノリとメンマ、ネギにロース系のチャーシュー。そして麩。これこれ!って思いました。ネギ好きなのでTPでネギをお願いしたのですが、100円って値段設定でどんな感じで来るのかな?と思ったら、かなり良い量がやってきましたです。中盤戦からコショウ(これもテーブルコショーな雰囲気の白コショウでバッチリ!なわけです)を振って、あっと言う間の完食でした。名残惜しくてスープに浮いてるネギをレンゲですくって食べてました。

ホッとしたい時に、また来よう。

お昼過ぎの市場内は、水産物に関してはほとんど売り切れに近い状態で。お店のお父さんが伊藤の味噌中華の出前を取って食べてたりして、かなりノンビリ・ホノボノな雰囲気。青果の方は結構いろんな物が並んでおりました。
カップ麺や乾パンとか缶詰の買占めもけっこうですが、ガスも出て水も来てるんだったら自分のとこで料理する方が良いですよね。

秋田駅前って歩く事ってほとんど無くなっちゃったオラですが。歩いてみると色々面白そうなお店があります。今度、車を置いて歩きまわってみようかな?なんて思いました。扇屋のつけ麺とかも、ディスプレイで見かけて気になってるし。

クリックしてくれるとオラが被災地を応援する励みになります!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

【PR】カップ麺のおともに、こんなアイテムは如何でしょう?【PR】


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂