スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢島町 九龍 タンタンメン・豚肉丼








気まぐれラーメン日和・菊間アナさんのブログに出てないお店に行こう!企画。
菊間アナさん、とんでもない掘り出し物物件・レア物件まで出してくるもんだから、オラは自分の地元で!っていう反則技を繰り出し続けているのであります。いや、ホントにあのリサーチ力は恐ろしいものがあります。

そんな感じで用があって出かけた先の矢島町。ゑびすやを選択肢から外して、残るところが3件。久々の大黒屋っていう手もあったんですが、折角なんで九龍へ。
場所的には矢島のマックスバリューのすぐ近くなのですが、小道に入ったちょっとわかりづらい場所にあります。建物としては屋根の上に看板があったりするので、特徴はあるんですがね。お店の前に行ってみるとやはり何だかわかりづらい。

店内は自然光が入る明るい作り。4人掛けテーブル席が2つと、あとは小上がりになっております。なので一人で小上がりってのも、混み合う時間帯でなければOKでしょうな。
メニューは麺関連の他に一品料理や、それの定食系。あとご飯ものがありますので、性別や年代を問わず使いやすいメニュー構成でございましょう。友達と何人かで、ラーメンと唐揚げとかいう使い方も出来ます。

で。今回のタンタンメンですけれども、坦々麺とは別のお品物でございます。ゴマの風味とかペースト(オラ、たまに苦手な事があるんだよな…)みたいなものは使われておりません。辛いっていう要素は同じなんですけれども、ラー油系辛いではなくて何とかジャン系な辛味。スープもスッキリと透き通っていて(具が多いので確認しづらいけど)、どちらかと言えばキレ重視なスープ。

具はニラにキクラゲ。ふんわりとした卵。量はかなりたっぷり目です。お腹一杯になります。キクラゲのコリコリ食感が良いですね。普段あんまり食卓に乗っかる事のない食材だけに、こういう時に再確認しちゃいますね。

麺はちょっと細めかな?っていう適度に縮れた麺です。おそらく麺は全メニュー共通のものを使ってるんだと思います。どんなスープにも合う感じの素直な感じの麺でした。

そして張り紙でお得そうな感じを受けた、豚肉丼のセットでオーダー。

…そうでした、ここの丼はかなりのたっぷり丼だったんだった…。そして豚肉丼。あれ?ミニとか書いてなかったっけ?と確認してしまいましたが、このサイズで間違ってなさそうです。豚肉丼のみを頼むよりも、麺物とせっとにした方が確かに安いんだけど…。

量がハンパねぇ!

このボリューム感は、久しぶりに自分との戦いモードになってました。「辛いスープにお酢を回して、オラ好みにして食べるんだもんね!ルンルン」な、そんな気分はどこへやら。実際、酢を入れるのも忘れてひたすら丼のご飯と格闘。麺も何とか完食…と言いたいところですが、具が少々残ってしまいました。

ご飯に程良い味を乗せるくらいに味付けされた豚肉。これで丼なんだから美味しくないわけは無いんですが、量が凄過ぎ。オラが食べる、普段の一膳のご飯より多いぞ。紅ショウガがたっぷり乗ってるので、それで目先を変えつつ食べましたが。これって正攻法で行くならコショウとかですよね。麺だって、量がきつい時には酢で味を変えつつ食べるのに…。自分の戦い方が出来なかった感があります。

ふう、満腹ですよ。

クリックしてくれるとオラが被災地を応援する励みになります!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

【PR】カップ麺のおともに、こんなアイテムは如何でしょう?【PR】

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

『 どん平 』 さんの坦々麺希望 ♪ 。

Re: タイトルなし

> 『 どん平 』 さんの坦々麺希望 ♪ 。

どうもです!
なかなか、近いようで遠い所なんですよね、矢島は。用があって行っても、ゑびすやに吸い込まれてしまうオラなのであります。今度行ってみるっす!
プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。