明星 明星の沖縄そば








カップ麺をひたすら食いまくるブログオサーン先輩・ハンサム先輩のところみたいに、スタイリッシュに商品写真を撮ろうと思ったのですが…何だかオラがやると、散らかした感じになります。むぅ、これはどうした事でしょうか…。撮影場所の机が薄ら汚れてたのが原因でしょうか、そうじゃないような気がしますね…。

実はデジタル一眼レフカメラが欲しい熱が再発しておりまして。いやいや、流石にカップ麺はデジイチでは撮らないですよ?風景写真なんかを主に撮ろうと思ってるんです。あと神社仏閣の類とかを撮りたいと思いまして。それで構図とかを考えつつカップ麺を撮影してみようと思ったのですが、この体たらくでございます…

気にしないでやりましょう。また明日以降も気が向いたらスタイリッシュにカップ麺を撮影してみようかと思いますので、「スタイリッシュ!これが!?」と笑って頂けたら幸い至極でござります。

沖縄そば。鰹出汁とソーキ(豚肉って事らしいですね、どうやら)の出汁を合わせたスープに、うどんみたいなルックスの麺(かん水がどうたらこうたらなので、ラーメンに分類されるとか…)を入れて。豚肉が乗ってて紅ショウガなんかも乗ってるのがソーキそば・沖縄そばである、ってのが前回のマルちゃんの沖縄そばを食べた時に勉強した事。
今回もバラ肉的な脂気や、豚骨臭なんかは感じられないスッキリした味わいのスープでございます。まぁ向こうさんはアッチッチィなお土地柄でやんすから、あんまりな脂気なスープは嫌われるってぇもんなんでしょうかねぇ。こっちとらぁ雪国は、それはそれは寒ぅござんすから、脂気に塩っけで体をあっためねぇと。命にかかわる事でござんす。なんでも、異国インドやネパールではスパイスさんってぇもんで味を調えるのと、そんなに塩っけが無くてもお天道さんの日差しが暖ったけぇもんだらしく大丈夫なお国柄なそうで。所変われば品変わるとはよく言ったもんで。

すんません、寅さんにハマってるんで、そんな感じにしてみましたが。オラは秋田の在郷の衆だったのでありました。

スカイブルーの鮮やかなパッケージと、スッキリしたスープ。沖縄そばって美味しい。
麺はモチモチ感とツルツル感が良い感じです。前回のよりも更にツルツル感が強調されてるし、モッチリした感じと噛み切る時のプツン感がとても印象的です。紅ショウガが良い感じに仕事してるんでしょうかね。ホントに美味しいスープ。
…なんですが、縦ロングでいつもやっちゃう、後の方に行くほど味が濃くなるのが今回もありました。あ、これはオラのミスです。縦ロングはしっかりとかき回さないと、後の方が味が濃くなる。毎度の事ですが、反省…。

そこは置いておいても、これは旨い!是非沖縄に行きたくなったぞ!!そん時にはデジイチを持ってって、高台からの海とか、土地の建物とかを写して来たいものです。


明星の沖縄そば製品ページ

クリックしてくれるとオラが喜びます!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂