とかち麺工房 横浜 環2家








結構有名なお店のよう(含み笑)。

「かんにや」さんとお読みするのだそうです。
何でも家系総本山の吉村家さんの直系のお店だそうで。家系のラーメンが好きなオラとしましては、かしこまって食さないとならんような気がします。しかも、とかち麺工房なので。蓋を開けるとうやうやしくレトルトの具が出てまいります。

そもそも東京系ラーメンってのは、鶏ガラとかお野菜でとったスープで醤油ダレを割った感じの、もしくは鰹とかのダシを加えるみたいな。脂気はほどよくありつつも、比較的キレがあってアッサリなスープなのかな?と、東京の地名が付いたカップ麺を食べてて思っておりました。そうそう、ホウレン草とかナルトなんかが乗ってて、海苔が一枚添えられてる!みたいなね。ピタッと線引出来るわけもないのですが、そんな流れで横浜界隈は中国人街(オッケーな表現なんでしょうか?)があるから、もう少し中華料理の源流に近い感じのが好まれるのかと思いきや。

吉村家さんのラーメンってのが大いにウケた!と。

wikipediaにもありますが「吉村家・吉村家系列で修業した事が条件」とする線引もあるみたいですが。旨けりゃ何でも良いんですよ!

と。この辺は。上手ければ後輩でも格上!と教育された、ゆがんだ大学時代の名残なのでしょう。そうなんです、もう全くの年下でも、楽器が自分より上手ければそれは敬語を使わないとならないオラなもんだから。旨ければ何でも良いのです。

えっと、なんの話でしたっけ?今日も全開で脱線しかけております。

とかちのカップ麺。今回も麺は個装で、具はレトルト。スープは湯煎じゃないと確実に分離している感じの液体。レトルト具と液体スープは別容器に熱湯を張り温めておきます。

乾燥具はホウレン草と青ネギ。レトルト具にチャーシューの布陣。

麺はとかちのレギュラー麺で、チー油とか可愛らしい感じを通り過ぎた、油膜系のスープに負けている感じがありました。滑らか過ぎるというか優しいんですよね、とかちの麺は。絶妙なクニクニ具合のある麺なので、北国系な味噌ラーメンとかにはマッチするのですが。家系のスープに入れると負けてしまいます。向こうさんは「バリカタ」「ハリガネ」コールがまかり通ってるお土地柄なので、とかち~レギュラー麺では弱いかな、と思います。

スープは家系でいうところの「油多め」コールな感じ。レトルト具はチャーシューだけを取り出して、中の汁は入れない方が無難かもしれないです。脂の味がする以前に、油で火傷します。秋田でいうところの「やげす」というやつ。ガッツンガッツンかき回してみても、相当な油膜なもので中々スープまで辿りつかないのです。邪道な感じもありますが、麺を食べ終わってからスープを半分捨てました。要は油膜の部分を捨てるイメージなんですけれども、その後に飲んでみたらジンワリとした甘さにも似た味わいがありましたです。
塩っけとかはそんなに無いので、「味薄め・麺普通・脂超多め!」な感じかと考えると合点がいきます。

具にはホウレン草(ちょっと散り散りだけど)と青ネギ。チャーシューの海苔って事で、押さえる所は押さえてある感じ。
チャーシューはレトルトならではのホロホロ加減がやります。でもちょっと臭みがあるかなぁ…

この脂気を、どう処理するか。どう判断するかで、評価が分かれるところだと思いますです。

家系総本山吉村家~横浜豚骨醤油ラーメンの店

クリックしてくれるとオラが喜びます!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂