スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿がきや 麺処 井の庄 辛辛魚らーめん








そんな感じで力技更新!もう眠くなってきているのですが…

パッケージ写真みたいに、パウダー状の辛味(+魚粉)を溶きながら食べる系かと思いましたが。出来上がり写真をそういう風に撮ってみたんですが…。

しかしながら粉末スープと書いてあるので、スープを一口すすったあとに全溶きしました。確かに辛辛!で魚!という感じであります。これは全部溶いてから食べるのがホントだろうと思う。写真は見た目重視!って事で。井の庄さんHPの辛辛魚らーめんの写真もそうなってる事ですしね。
溶く前と溶いた後では、スープの感じが全然違います(当たり前か)。溶く前は穏やかめな豚骨みたいなスープで少々ピリ辛位なのですが、粉末スープを溶くと激変!とても辛く、そして魚!の方が強くなりスープの粘度もマシマシな感じになります。

液体スープである程度のスープ(魚介豚骨)が完成してて、唐辛子粉+魚粉の粉末でお店の雰囲気を再現する=食べ進むごとに更に魚粉!な辛辛!な感じが増して行く!とかだと、もっと面白いカップ麺になるのではないでしょうか?シロウト考えですね、はい。

なので、粉末スープを先に溶く方が正解なのかもしれません。液体スープはしっかり蓋の上で温めれば、溶け残るってことは無いようですからね。どちらかと言うと沈殿してるのは粉末スープからきてるダマになった部分のようでした。

麺は結構ビロビロな感じの平打ちの太縮れ麺でノンフライ。量も結構あるんですが、スープの絡みがハンパないっす。ズルズルズルと食べていると、汗が噴き出てきて。今回は鼻水までもが垂れてきました。筒井康隆の「薬菜飯店」(【送料無料】ヨッパ谷への降下収録)を思い出しました。
鼻を拭きながらズルズルズルし、スープを飲んだり、また麺をノリとともに食したり。

突き抜ける辛さがたまらないっす!

具は、ネギとノリ。ここはちょっとさみしさがありますが。オラはカップ麺寄りの人間なので、コスト面でかな…?で許してしまうのです。井の庄さんのHPによりますと、かなり大判・立派なチャーシューと、これまた立派なメンマが乗っております。

麺処井の庄さんHP
例により、オラは行った事が無いですし、お店の名前を聞いた事くらいしかなかったんですが。豚骨に魚介系のスープを合わせて太麺という構成のお店のようです。カップ麺でそういう構成だと太麺堂々なんかがそういう流れなんですが。やり過ぎるとワヤになっちゃったり、体調によってはちょっと重く感じるのですが。
このカップ麺は更に辛さっていう要素があるのに、不思議とバランスしているように思います。恐るべし!ニア300円台!

嘘だと思って、一回食べてみて欲しいっす!あ、「実際のお店と比べてどうこう」とか言うのじゃなくて、ね。カップ麺の凄さを実感して頂けるのではないか?と思います。

寿がきや 商品ページ


クリックしてくれるとオラが喜びます!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。