スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルタイ カップラーメン 醤油味







ほんとは昨日食べた、ぶっとリッチのUFOが先に記事になるんですが。

行き付けのコンビニでカップ麺コーナーを見ますと、なにやら見かけないパッケージが。ふむふむ…マルタイ!?ってな感じで購入。
秋田県で、福岡県のメーカーのが売られてるって凄いな。
デイリーなんですけども、たまにイタズラして毛色の違うのを置いたりしてるみたいで。アカギの中華そばが置かれてたりするのです。そういう遊び心は、こっちとしても嬉しいので大歓迎。

麺は九州っぽい、ストンとストレートな細麺。しかしながら柔らかさもありつつの、噛み切る時の歯ごたえもありの。ミョーな粉っぽさが少なく食べやすいです。ストレートな麺なんでスルスルいけます。
食べやすいんです。細麺の商品を出すにあたり、もしかしたら他のメーカーさんは「九州っぽさ」ってのを意識し過ぎなんじゃないかと。やり過ぎてるために、逆に食べ辛い麺になってる、強調し過ぎてるとでも言うのか…、そんな事はないもんでしょうか。その辺、いい按配に力の抜けた一杯に感じました。

豚骨の匂いが一瞬したので、これは苦手な感じの組み合わせ(ゴワゴワ細麺と動物臭強め豚骨)かな?と思ったのですが。意外や意外、スルスルと食べ終わりました。醤油味と謳っているので、バランスとしてはアッサリ目の醤油ラーメンに仕上がってます。調味油がしっかりとしたコクを演出しております。カップがたっぷりしてるので冷めにくいのも今の時期には嬉しい事です。

具はナルトと卵とエビ。あと何かのお肉的なものも入っております。
買い置きのワカメが無くなってしまったので、今回はワカメTPは無しの方向で。

「めんは、オーストラリア産の中華めんに適した小麦粉を使用しています。調理後の仕上がりをマルタイラーメンに近づけるため、新製法で縮れの少ないめんに改良いたしました。スープは、マルタイラーメンの粉末スープをベースに、醤油の香りが引き立つあっさりとした味わいの醤油スープに仕上げました。かやくには、エビ・ねぎ・ナルト・たまごなどの彩り豊な具材を合わせました。」(HPより)

このマルタイさんというメーカーさんなのですが。棒ラーメンなる商品が主力商品なんだそうで。なんでも「ノンフライ・ノンスチーム製法」という製法で作ってるんだそうです。そういえば、オラ、百円均一で見かけた事があるような気がします。いづれにしても秋田県内ではなかなかお目にかかれないメーカーさんなわけです。

マルタイさん 商品ページ


写真と内容は今回食べたのとは違うもののリンクがはってあります、悪しからず。

クリックしてくれるとオラが喜びます!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 背脂  家系 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。