スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花月 黄金の味噌ラーメン




写真には撮ってないですが、ギョーザセットにしてみました。

ええとですねぇ。オラの彼女さんが最近このブログをちょいちょいチェックしてるようなので、あまり大きい声では言えないのですが…前回、佐々木家さんでお昼を食べた、帰りに寄ったわけです。一日に二件って、かなりラーメン関連のブロガーらしくなってきたんじゃないか??と。

まぁ、そんな寒い日に。花月で未食だった黄金の味噌ラーメンを食してやろうという事になったのであります。「今度食ってみたい!」ってオラが言ってたから、それの下調べみたいな感じでですよ。

花月と言ったら「にんにくげんこつラーメン」という図式が成り立ってるのに、それじゃないものを頼んでしまう背徳感たるや…!そうなる基になったのが、川越達也シェフが絡んでる僕の味噌ラーメンなわけです。
お願いランキングというテレビ番組がありまして、見るともなく見ていた時に、確か花月が取り上げられていたのかな?と。どうやらその時に川越氏が黄金の~を絶賛したとかしないとか。いづれ見ていたテレビ番組なので(事務所移転に伴い、いまだテレビジョンの環境がありません…)、気になったんだった…かな?

まずは具。ボイルしたモヤシと絡めてあるのはチャーシューの細切れ。サイドメニューのにんにく豚めしからの流用とお見受けしましたが、こういう「回し」ってのはかなり重要な要素です。店舗でのオペレーションを極力増やさず、新しいメニューを作る。これは大事なことですよ!

スープは、オラ的には僕の味噌~からの逆輸入みたいな印象なんですが、ほぼ僕の味噌~と同じでしょう。ボロネーゼバターが乗るか乗らないか、の違いではないかな???
脂気が強めで冷めにくく、結構長い時間熱々のまんまです。
黄金色に輝くスープは旨さの黄金比率と呼べる独自の味噌の配合のもと辿り着いた極上の旨味。HPより。」と謳う味噌なんですが、秋田県の味噌観を持つオラでも気に入りました。ちょっと甘めかな?と思いますが、全体的に調和が取れてるんではないかな。

今はお店で色んな味噌が売られてますが、オラ的には米麹と豆!という味噌で育ちました。まぁ自家製と言えば聞こえはいいけど、白とか赤とかじゃなくて。時間がたてば色は変わるよ、的な。そんなお味噌でございます。
秋田県の脳卒中での死亡率が、全国でトップ(でしたっけね?)と言うのがありますが。その位ショッパイのが好きな県民性なんですが。この味噌ラーメンは不思議な甘さもありながら、秋田県民でも美味しく食べられるッす。

花月デフォの麺よりも、ちょっと太めでモチモチ感を押しだした麺も、味噌ラーメンに良く合うと思います。食べ応えもあるんだけど、昼に佐々木家さんで食べてる関係もありまして、なかなか麺が減らない…。でもなぜかスープは減って行く感じで、かなり好みな味噌ラーメンのようです。次回は麺カタかな?と思いました。

食べてる時に入店した、「いつかの女子」達が。川越氏の僕味噌~をオーダーしてましたが…。どんだけモテるんだよ!川越!と。少し羨ましくなった次第であります。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。