スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明星 旨さ極まるラーメンの底力 太麺と濃厚味噌







ご当地ラーメンブームってあったではないですか。色んな土地で、ラーメンで町起こしを!なんて言って。昔からあったもの、みたいにして出てきた、言わば「新・ご当地ラーメン」達は今どうなっちゃったんでしょう。
今から10年少し前。オラは秋田県の北の方をウロウロしてまして、こないだ食べに行った錦なんかはその頃に初めて行って好きになったお店。
当時は、そのブームに乗ろうと必死で「比内鶏出汁醤油ラーメン」とか「田代醤油ラーメン」なんてのが恥ずかしげもなく表れては消えて、な感じでした。
そんな中で錦が頑張ってくれているのは、隠れファンとしては嬉しい限りなのであります。錦はご当地ラーメンブームに乗っかるような軽薄なお店では、もともとないんですけどね。

そんなマクラから。何を言い始めるのかとお思いの向きもあるかとおもいます。
秋田県でザックリとご当地ってのはまとめられないと思ったのです。これは各県ともそうだと思うんですが、醤油系のラーメンだけとってみても、土地土地であるんですよ色々と。十文字ラーメンのとなり湯沢にはラードコート系(という呼び方を見たから使ってみる)、その直ぐ近くには羽後町の冷かけ中華(何でも山形の冷やしラーメンよりも歴史が古いんだとか)があるんです。

で、ざっくりまとめたいのなら味噌ラーメンはどうか?と。

今日食べた太麺と濃厚味噌なんかは、秋田県で言うところの「オラだほの味噌!(我々の味噌ラーメン:まめ訳)」に近いと思ったからなんです。

こういう感じのモチモチとした麺に近いものがあると思いましてね。わりと何やかんや言いながらも、吾作の味噌ラーメンってなんか懐かしくなっちゃうんです。あんまりな過激な極太麺とかはまだ浸透してないと思われるのですが、極太麺をつかうお店も増えてきました。太麺と~位の太さは昔からあると思うし、この位のドッシリした感じがあると濃厚な味噌スープにも負けずに良いバランスだと思います。縮れは強めで、スープの絡みも上々。

スープは…やめ!悔しいから具から紹介する。大きな意味は無いけど。

キャベツにニンジンにキクラゲにコーン。ネギ少々。けっこう具だくさん。麺を食べ終わってからも、具を食べるためにズルズルしてました。
ここにオラのワカメが入るわけですが、ローソンのPB商品の乾燥ワカメを今は食べてるんですが。何だか細切れになってるんですよね。リケンのは流石国産!って事で、厚みも均一に近く細切れ感は無いです。マックスバリューのPB商品は細切れこそ少ない(でも袋の最後の方は細かい)ものの、少々固いところが混じってたりします。ローソンのは固くはないんだけども、細切れ感…。いかんいかん、何の話なんだっけ…。

んで、スープなんですけれども。豚とか鶏とかのお肉を一緒に煮込んだ感じの、どっしりとしたかんじのスープと。甘すぎない味噌ダレが、オラの懐かしい味噌ラーメンを思い出させます。オラの懐かしい味噌ラーメンは、おそらく鶏のみのダシだと思うので、こっちのほうがよりドッシリなんでしょうけれども。甘すぎないってところがポイントなのでしょう。
秋田県の味噌ラーメンは甘くないのです。どちらかと言うとニンニクとか生姜が効いたスパイシーな味わいと味噌ダレがまろやかっていう感じではないですか?もちろん全く甘みが無いわけではなくて、砂糖とかガムシロップとかザラメとかの直截な甘さではなくて、野菜からじっくりと取り出した甘さが控えめに感じられるつくりなのであります。

また実在の店舗の名前を出させて頂くと、めん丸の味噌もスパイシー系だと思います。チェーン店ながら秋田チューンな味噌ラーメンを出すお店だと思います。本荘市の味の三平さんも札幌と言いつつ、秋田チューン。三平さんは、店主氏の渋さが好きなんです。

今回は、まとまらないので諦めました、潔く。

明星食品 製品ページ


クリックしてくれるとオラが喜びます!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 背脂  家系 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。