スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 日清の大盛り江戸そば 豚辛南蛮そば







いやぁ。何だか肌寒くなってまいりましたな。朝の空気が妙に生ぬるくて。雪が振る前って、こんな感じの生ぬるい温度なんだよな、とか話しながら仕事に来たわけです。
昼のカップ麺を仕入れに出る時には何だかとても寒い感じで、じゃあ暖まる系の方向で、と。

日清の日清の江戸そば
シリーズ。縦ロングのお蕎麦なのに、出汁が効いてるお汁で。ちょっと甘味があるのが特徴のように感じております。鰹節といりこで出汁をとってるんでしたね。それにラー油テイストな調味油を加えるスタイル。さて、どう出るよ?

お蕎麦は、日清のどん兵衛でウリの「ぴんそば」に似た感じの、今風なお蕎麦屋さんで出てきそうな、細いお蕎麦。長さも充分ありまして『蕎麦食ってる!』って感じます。
最近は手打ちのお店だとこういった感じの、色白・細めなお蕎麦が流行のようで。我が秋田県でも、こういうお蕎麦を出すお店に行った事があります。昔ながらの色黒太めなお蕎麦も美味しいけど、のど越しが良いお蕎麦も良いもんだなぁ、と。秋田県はお米が取れるので、お米文化なのですよね。きりたんぽとかだまこもちとかが好例。お蕎麦はあんまり詳しくはないのですが、面白そうな分野なのでぜひ勉強してみたくもあります。

お汁は、残念ながら写真撮影の為に調味油を入れちゃったので、入れる前の味をみるのを忘れたす。
調味油は『え?これだけ?』という量ながら、かなり辛い仕上がり。江戸そばの甘味との相乗効果もあるのかな。出汁の感じがあってビッと辛い。温まります。汗だくです!例により醤油感はあまり強くなく、醤油のキレよりは出汁のふくよかさで食べさせるタイプのおつゆ、…と感じましたが。
「鰹だし、にぼし、丸大豆醤油を使用した江戸そばらしいつゆ」(日清さんHPより)とありますので、そしたらこれは醤油が効いているほうなのかな?と。色々勉強になるわけであります。

まぁ我が秋田は醤油とか大好きだから。そう感じるのかもしれないです。食いものの世界は中々に広くて捉えづらくて難しいわけですね。

「豚辛南蛮そば」という事で。豚肉さんはどこかなぁ?と探してみましたが、おそらくこれが豚肉さん…という感じのシワシワなコマ切れが幾つか入ってました。ネギはけっこうたっぷり目に。揚げ玉も入っておりまして、食感的に色々あって楽しいですね。

今回はラー油。「南蛮」というと、①カレー南蛮=辛いを表す南蛮 ②かも南蛮=南蛮はネギを示している、と2通りあると思いますが。む、うまい!どっちもの良いとこどり。
そばつゆにラー油なんてゲテモノっぽいんだけど、食べてるうちにクセになる感じです。

ようは、何を食べても美味しいという。かなり楽天的なシヤワセものな舌の持ち主なのですな、オラってば。

江戸そばシリーズ
日清の江戸そば

日清 製品ページ



これからの寒い日には、とってもオススメ。

ランキングに参加してみました。たぶん、すぐ飽きると思うけど…
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 背脂  家系 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。