秋田市 ラーメン マシンガン 醤油・並 II型 煮卵トッピング


一目でわかりますよね。

二郎系でございます。この特徴的なルックス。

とか偉そうに吹いてますが、このバカは「二郎」という名のお店には行った事がありませんです…。川崎店の前を通った事はあるけど、残念ながら閉まってたし…。

太麺+野菜+濃厚スープでもって、二郎系という事なんだそうで。そして一回食べると、好みは分かれるんだけど癖になるんだそうで。お昼に食べると「もう腹一杯だよぉ…」となるのに、夜にはもう一回食べたくなるという。

そんな噂を聞いていましたが。じゃあマシンガンは、正しく二郎系なのだと思います。

間口の狭い、カウンターのみのレイアウトで。居抜きで始められたと思しき店舗。業務用っぽいメタルラックと、日清製粉のオーションが雑然とレイアウトされていて、秋田県民には難易度の高い券売機。しかもお金を入れて押すタイプではなくて、2ケタの商品コード(?)を押して決定キーを押すって言う。オラ、初めて見ました、このタイプ。何回か経験してるんで大丈夫でしたが、かなり戸惑う感じです。

正直なところ、梅そばにするかかなり悩んだのですが。今一度、マシンガンのオリジナルを食べておくべく、醤油II型をチョイス。

入口付近で待ち3人。『席が空いてんだから、別々にでも座って食えや!ボケが!』と思ったのは置いておいても。「あ、先にどうぞ」なんていう、そんなやりとりがあったりして、この世の中もまんざら捨てたもんではないなぁと思いました。

オラが座った席の隣のおじさんは、半分以上残して去って行きましたが。あんまりお口に合わなかったんでしょうかね。そうなんです(と言うか。そうらしいのです、二郎系は)、こっちも気合が入ってないとダメなわけ。「旨いもの食わせろ!」じゃなくて、心から楽しむ気持ちが無いと何を食ったって満足なんか出来ませんです。

カウンターから厨房内を観察しておりました。
こう言っちゃあ聞こえは悪いかもしれないけれど。お世辞にもガラが良いとは言えない方々が、それでも真剣な眼差しで茹で釜と向き合っていて、真面目にラーメンを作ってます。
最初に書いてますが、日清製粉のオーションの袋が積んであるので自家製麺です。秋田でも自家製麺のお店、結構あります。ブランド粉を使ってるお店だとさんとかですよね。冷麺とは比べられないけれど、手ごねで50食でも相当シンドイ感じだった経験がある、冷麺職人のオラにはわかります。

ちなみに。
冷麺の団子(油圧で麺にする前の段階のもの)って。粉の量が少ないとお湯の分量が面倒だし、粉が多い時にはお湯はテキトーでも何とかなるんだけど重労働で。いずれにしても夏は冷麺釜のすぐ隣で、やたらと肉体労働をする羽目になるわけです。

そんな感じの事を回想しながら、厨房を見てました。
前は「当分の間、野菜はマシになってます」という手書きの張り紙がされていて。その跡に「ラーメン以外の店内の撮影はお断りします」という張り紙がされてました。
じゃあ野菜マシは終わったのか?と言うと…。マシマシになってるじゃねーかよ!

どうして採算ってものを考えないのか?と聞きたいぞ。野菜の値段高騰ってニュースでもやってるだろ。なのになんで、そんなにうず高く盛るよ!?ただでさえバカみたいに極太で食い応えのある麺なのに…。

思わず身を乗り出してしまいましたですよ。オイオイ!オラのがそれなのか?と。

特徴的な。マシンガンの麺。何と言いましょうか…ワシワシと食べる感じ。ワシワシと言えばワサワサで、鰺ヶ沢のわさおなんですけれども。そんな感じでボリウム全開!です。
麺からワシワシっと食べていきましたけども、侮れないのがスープなんですよ。甘いようなコクがあるような。癖があるような。クセになるような…。スープに浸して食べればいいので、麺を先にやっつけてしまおうと思いましたが…やはり途中でくじけそうになりました。お酢を一回しして、麺を攻略の後に野菜と消化試合。

すげぇ美味しいんだけど。

何とかならんのか?このボリュームは!

美味しいだけに、悔しい!スープまで飲み干したい!!

そんなお店でございます。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。

初めまして、じゅんと云います。

此処のジャンク感が最高に好きです笑
塩味二郎もタンメン見たくて良い二郎でした♪

ボリュームだけなら!土崎に開店した二郎系の三郎が、オール増しで勝っていますw

>>じゅん さん

どもです。

>良い二郎

良い二郎っていうフレーズがなぜかツボです。

この日は三郎にするか迷って、店の前を通ったらやってたんで、マシンガンの方に入ったんでした。いずれ三郎にも行ってみたいっすねぇ。
プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 背脂  家系