スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュータッチ 凄麺 仙台辛味噌ラーメン






今日のも記事にしてしまおう。貯まると大変ですからね。

仙台辛味噌ラーメン。

謎の味噌縛りが続いております。すべてはねぎみその逸品の、あまりの素晴らしさにやられて。そんで味噌漬けになってるのの影響なんですわ。
カップヌードルの新味のもう片方やら、スーパーの98円付近カップ麺も取り上げていきたいので。味噌デイズのシメには、やはり凄麺を持ってきました。

仙台辛味噌ラーメン、前回は9月なので、意外と最近なんですね。購入はいきつけのローソン。

これは何と言っても具でしょう。レトルトの具でモヤシ・ニンジンですよ。シャキシャキした食感が良い!…のですが、欲を言えばもう少し量が欲しいですね。

今回も写真にこそ撮ってませんが、マグカップに入れてお湯で十分に具とスープを温めております。折しもの寒空でございますので、カップ麺が冷めないようにする工夫でございます。実際スープが冷めないし、液体スープも温まると緩くなるので混ざりもよくなります。お試しあれ。

麺は前回と変わらず、不思議な見た目。乾物っぽいルックスなんですが、お湯の中で戻るのを見てるのが面白い。縒りが掛かっててモチモチ感もあって、どことなく麦の香りがしたりする気がします。凄麺の麺は、やっぱり凄い。
日清の百福じいさまも大したもんだけど、それらをベースの考え方にしてどんどん新しい技術や工夫を加えていくんだからメーカーさん方も凄いっす。

たかがラーメンというけれど。フレンチ出身とかな人がお店を出してみたり、外国から来てラーメン屋を始めちゃったりするのですよ。
カップ麺メーカーさんでも食品とか化学とか、いろんな物に詳しい人を雇ってやってるでしょ?んで新しい商品を出してくるじゃないですか。どっちも対コストを考えてやってるんだろうし、日本のラーメン文化の両輪なわけですよ。オラのブログのリンクにも、秋田県で著名な方々のリンクがありまして。ラーメンは一杯人がいるから、じゃあオラはカップ麺を食べよう!と思ったか思わないかはおいておいても、カップ麺の方だって結構に人がいて皆さんに声をかけて頂いたりして頑張ってますよ、と。

一体何の話をしたいんだか、わけがわからないモードのスイッチが入りかけておりますね。

お湯を入れ過ぎないように、細心の注意威を払いつつ。マグカップで温めたスープと具を蓋の上にのせてスタンバイ。時間一杯で速やかにスープを投入して撹拌。具をのせて写真をパチリ。

スープは唐辛子が浮いてて辛いです。この辛さが寒さで縮こまって「知事困った!」な体を元気にしてくれて、食欲を招く感じがします。夏も良いけど、冬に食べても美味しい。

冷麺職人だったオラは賄いはテグタンクッパ(いわゆるタラのスープじゃない方の、テグタンのクッパ)を好んで食べてました。冷麺を食べる時も割と辛味を多く入れてたと思う。おかげで結構に辛いものでもイケるようにはなってきましたが、バランス的には辛味噌ラーメンくらいが好みのようです。

汚い話で申し訳ないが。辛ラーメンとかとんがらし麺のトムヤンクンなんかは、食べる時は美味しいんだけど直後に必ず下るんです。刺激が強すぎるんでしょうね。なんでだろう、トムヤンクンは大好きなのに。

乾物の方の具でキャベツも少々入ってるのですが、これも量としては少々なんです。ここだけ残念。

今回のが五代目のようです。

ニュータッチ 仙台辛味噌ラーメン 商品情報



ちゃんと五代目っていう風に表記してくれてるリンクがございました。こういうの、嬉しいですよね。

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

tag : 辛い系 味噌 ご当地

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 背脂  家系 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。