スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明星 究麺 濃厚味噌








正直な話。ねぎみその逸品を再食するか、かなり悩みました。カップ麺売場で5分…バカな子みたいに…。

しかしですね、カップ麺をどんどん食べていかないとならん!と言う使命感(←何のよ?)に駆られ、究麺の。それでも味噌ですけども。

ちゃんぽんがかなりツボだった究麺。ツボだったちゃんぽんを、なぜか記事にしてないオラ。「ホントにカップ麺ブロガーなのぉ??」…返す言葉もございやせん…。

麺は今日もやはり途中で蓋を開けて、解しつつ観察してたんですけどもね。
お湯で戻るにしたがって、何と言うのでしょう。今まで乾物だったのが、美味しそうな色味になっていくのよ。凄麺といい究麺といい、この流れは是非観察してみて欲しいです。ただのカップ麺が、より愛着のあるカップ麺になります。

わき道したくなった。
冷麺職人だった頃のオラ。粉とお湯で練った団子を、油圧式の押し出し機で釜に落として茹でるわけですけれども。基本は茹で時間があって、キッチンタイマーを使ってました。ただ、やっぱり。梅雨時とか冬なんかがそうなんだけども、キッチンタイマーを信じちゃいけない時もあるのですよ。よく混ぜてるとは言え、粉が片寄ったり。寝る時のお湯の温度や状態でも変わってくるし、練る粉の量でもお湯の量が左右されますし。そうなってくると出来上がる団子の状態も変わってまいりやす。団子の状態が変わると、茹で時間にも影響が出てきやす。
あと、カウントダウンするようにタイマーをオンしたはずが、設定がリセットされてて経過時間を測ってる時(完全なるヒューマン・ミス!!)とかね。
そう言う時のリカバリ方ってのが『グラグラの茹で湯から麺を軽く持ち上げて、5秒で透き通る位が茹であがり』というやつで。実際に、時間が立ち過ぎて(オラの場合だと、練ってから6時間くらいでロスにしてました)使えなくなった団子とかで実験してみたところ、ほぼこんな感じでいけるラインだったのですわ。もちろん当時は「ロス額が大き過ぎる!」と店舗運営部の部長さんから怒られてましたけども、聞く耳など持ち合わせてないのですよ。

んで。かき回してると、そんな頃の思い出が浮かんできたりするわけです。

5分ジャストでシャッキリよりは、伸びてタレる感じの少ない麺なので、オラはちょい待ち時間長めで。味噌ラーメンだと中太麺位が美味しい感じだと思うのです。そんで麺カタとかよりは少し軟らかめな方が、バランスが良いのではないかな?と思ったりします。単に固めだと胃が容易でなくなる歳になったのかもしれないですけども…

具はですね。細かめキャベツと人参にコーンにキクラゲ。どれも少し小ぶり過ぎる感じがあります。あと乾物の時には結構な量がありそうに見えるお肉は、出来上がりの時点では沈んじゃっててなかなか口に入ってきません。
ここ、ちょっと残念なポイント。具を大きめにすると、食感が変わって美味しいと思うんですよね。ちょっと貧弱な感じ…

スープはさすがの究麺で、うまい。濃厚ですね、看板の通り。
粉スープでダシとかスパイシー感、液体スープでコクとかまろみを出してるのでしょうかね。コッテリ感もありつつの、どこかニンニクとか生姜みたいな風味がありつつ。

ちょっと具に寂しさを感じつつ。お湯で戻したワカメを投入して食しました。

明星 製品ページ



究麺の、ちゃんぽんを。記事にしてないのは、オラ的にかなり痛手でございますよ。←さっすがオラ!ちゃんと記事にしてます!きっと小鬼が出てきてやってくれてたんだ。どおりで最近焼酎の減りが早い!

…グビグビ。

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。