花月 ニンニクげんこつラーメン 醤油



9日食。

寒い風に吹かれて、更に雨に打たれたりしてたために。何だかまた風邪をひきそうな予感がしたので、馬力が出そうなラーメンを食いに行ったわけです。
それだけでは不安だったので風呂屋(泡は出ない)に行って、ゆっくり湯槽で暖まる予定も入れてたので、手早く花月へ。
クーポンがあったので、半熟煮卵は無料でトッピング。

煮卵の他にも選べるトッピングのクーポン券なのですが。
この煮卵ってのがね、オラが好みな感じの黄身半熟なんです。これって凄いよね。

あ、いやいや。この手の半熟の煮卵を提供するお店は、秋田でも結構増えてきてまして。『凄いね』は見た事が無かったからの凄いね、ではなくてな。黄身が凝固する温度の方が低いはずなのに、白身の方だけ固まらせて黄身はトロトロってのが凄いって事ですぞ?いくらなんでも、そこまで食レベルが低くは無いですよ、秋田と言ったって。

白身が凝固して、それでもまだ黄身が半熟の状態のところで火から外して、冷水とかで〆るんでしょうね。

そういう手間がかかるものをクーポンでバンバン出しちゃうってのが、ここが凄いというところですよ。

話をラーメンに戻すとね。

花月ってチェーン店じゃあないですか。大きなチェーンになればなるほど、お店独自ルールなんかが発生してきちゃったりするもんなんだけど、とりあえずオラが入った事のある花月で、こりゃハズレだ!という経験はないんですよ。

本荘はワケあって一番行くお店なんですけれども。そりゃたまには、アルバイト店員さんが酷いな…とか思う事もありますけれども。基本はマニュアルがしっかりしてて、アルバイトするにはやりやすいと思う。食券制とかマニュアル化された接客が嫌いな人はカチンとくるところがあるのかな?オラも昔はそんな人間だったんで気持がわからないでもないです。

なかなかラーメンに話がもどらない…

花月のニンニクの消費量は、確かギネスブックにも認定されてるんではなかったっけ?
そんな花月のスープを飲んで、英気を養おうと思ったのです(かなり強引に話を戻した!)!

今回はオーソドックスな「にんにくげんこつラーメン 醤油」にトッピングで煮卵。

スープはコッテリですが臭みとかは無くてまろやか。背脂的なフツフツが浮いてて、これを醤油ダレが締めてます。お好みでなんですが卓上のタレを入れても美味しい。濃い口が好きな秋田県では結構な消費量なんではないでしょうか。他にはキャベツとかをトッピングした時なんかも、味が薄い時は入れるといいと思います。次郎的なノリですね。
豚めしってメニューがありまして。これがタイミングによっては乗っかってるチャーシューがパサパサに感じる事があるんですけれども、これに醤油ダレをちょっとかけてみるのもアリです。

麺はおそらく細かくリニューアルされたりしてるのかな?とか思う、それでも昔と大きくは変わってない中細麺で。縮れもそんなに強くは無い方だと感じます。変にクセがないので食べやすいと思います。

チャーシューはバラロールで脂身部分がトロトロ。メンマはオラはあまりお好みではないので嗜む程度ですが、変にスタンドプレイに憧れない感じの3枚目な体で。でもノリだけは、最後にとっておこっと!とか思ってると、溶け出して残念な感じになっちゃうので、ここだけは注意して下さい。

今回はオーソドックスなところに落ち着きましたが。花月の凄いところというか、恐ろしいところは。新メニューをバンバン出してくるところにあるんです!で、好みはあれども、その新メニューがハマッた時が恐ろしい。3日に1回くらい食べに行きたくなってしまう(オラだけか?)!のですよ。

ちなみに。次回の新メニューには川越達也さんの名前がありました。世間的には「バッタモン臭い」感じがあったり。『結構節操無く色々な料理屋を経験してる、ゴタ混ぜのなかでフレンチをやってる人なんだなぁ』とオラも思います。純なフレンチだけではないところに、何かしらの爆発力がありそうな気がする…そんなお人です。

何だか、どうしても花月の「にんにくげんこつラーメン」を紹介するぜ!的な記事に仕上がらないのは、まぁこれは諦めた!オラの文才の無さに尽きます。

どことは言わないけれど。昔から何も進歩がない中華そばを、「ありがたひぃ!ネ甲!」と拝んでる人達には。たまにトンデモなメニューを出すんだけど、それでも結構な高みでバランス出来ちゃう花月の魅力は分からんのでしょうなぁ…

と。本荘でしか笑えない毒をはいてみます。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 柚子風味 家系 背脂