スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッポロ一番 博多風 焼きラーメン








ケータイからメール経由で記事を書いても、反映されない事があります。なんだろ、日頃の行い…?

まぁそんな感じで。

焼きラーメンなる食品はオラ、初めて。茹で麺を鉄板の上で焼くと言うか炒めると言うか。そこに豚骨スープとソースで味付けする感じ?なのでしょうか。博多風とあるので、向こうの屋台で供されるものなのでしょうな。

秋田県だと丈屋さんとかがお持ち帰り用でやってたみたいなんですが、今はやってないみたい…。

蓋をあけると液体スープと後のせかやくの二つの袋が入ってます。具は最初から麺と一緒にパッケージングされております。具は麺の上に散らかってる(←ゴメンナサイ。)ので、湯切りの時に具が流れ出てしまわないか心配しました。実際やってみると、そんなにそんなにでもなく。蓋にもくっついちゃって勿体ないって事もないです。もしかしたら戻り次第に、麺の下に沈んでいくのかな??

そして今回は新製法を実験導入しましたぜ!


その名も『液体スープ・別温め作戦!』。
以前にたぬの日々たぬさんに紹介してもらった、液体スープを別容器で温めてしまうという、コロンブスの卵的な発想の作戦。

これ、かなり良いです!

ご覧のとおり、カップみそ汁の容器を代用してる関係で、写真を撮ってからカップみそ汁を支度するのに少し時間が空いちゃったんだけど。折しもの寒い日だったんだけど、まだ暖かく食べる事が出来ましたです。こりゃスープ温め用のマグカップを用意しちゃうぜ?

そんで焼きラーメン。
ソース焼そばを薄くしたような、薄くなった分は豚骨スープでマイルドになったというのか…みたいな感じの不思議なお味。
そういう製法ならって事で、ちょっと緩めに湯切りしたんですけれども。それがハマったのか、外れたのかは判り兼ねますが、ダメなほどではなかったかなぁ。オラは仏のソース焼そばのほうが好みかも…ですねぇ。

麺の量は結構多めに感じました。麺の感じはと言うと、「博多」と名のつくカップ麺によくある、ちょっと粉っぽい味のする麺。
タレが絡むようなしっかりウェーブのかかった麺なんですが、もしかしたら途中で箸でほぐした方が良いかもです。ちょっと戻りムラというか、麺同士がからんでるようなところがありました。

サッポロ一番 製品ページ



スーパーで仕入れたカップ麺なのですが。同じイオン系列でも品ぞろえが違ってたり(売り場面積の違いもあると思うんだけどもね)して、普段行かないところに行くと必ずカップ麺をチェックしてしまうオラなのであります。

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。