スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュータッチ 凄麺 新潟 背脂醤油ラーメン







最近のオラの中のブーム。玉ねぎがのってるラーメン。ブームというのか、よくあたるからなのか。新潟って時点でピンと来たんですが、今日も玉ねぎでございます。

秋田県だと少なくともオラはまだ見た事がないんですよね。花月にこないだいった時に、トッピングをチェックしてみたんです。花月ならあるかな?って。花月にも無かった玉ねぎ。
クセはあるけど、スープを選ばず活躍してくれる、優れ物だと思います。

小袋は3つで、液体スープとかやくに、玉ねぎが入った袋。

麺は軽く縮れてて、よりも強めにかかった麺。食感としては噛む時に押し戻す感じの、コシのある麺でございます。もしかしたら待ち時間短かったかな?みたいな、強めの食感。ノンフライらしさがあります。
伸びにくい感じがしましたが、皆さまはどう感じましたでしょうか。これはオラのフライングが原因で、戻りきる前に食べちゃってるのかな…。

スープは煮干し出汁が懐かしい香り。あと鶏でしょうかね?何だか懐かしい感じの醤油ラーメンに背脂はプツプツっと浮いてるのではなく、溶けだしてるタイプ。いわゆるチャッチャ系ではないんでしょうけど、程よくこってり。食べ終わった後はリップクリームを塗ったみたいになります。

ネギにメンマにチャーシューはカップ麺で言うところの、普通の。
ここに玉ねぎなんですが、ちょっと少なめに感じます。もっと欲しいかなぁ、と。ガッツリ入っても邪魔じゃないし美味しいと思うんですけど、コスト的なお話なんでしょうかね?

この間、山形市までドライブがてら小旅行に行ってきたのですよ。秋田県からだと湯沢から13号線で行くルートと、松の木峠を越えて雄勝町経由で13号線に入るルートと。お好みで2つのルートがあって今回は松の木峠ルート(仙台に聖飢魔IIのミサを参拝しに行った時は湯沢ルートでした)で行って、山形までゆっくり4時間くらいだったのですけれども。
これを国道7号線で4時間走ると、大体新潟県にはいるかな?くらいなんです、オラの場合。だから行こうと思えば新潟までラーメンを食べに行くなんてのも出来なくはないんですよね。食うのが30分で、行き帰りに8時間じゃちょっと面白くないんで、もう少し言ってみたいところなんかをリサーチしながらですけれども、新潟も睨みつつ!ですな。三条とかの新潟ラーメンなんてのを、本場で食べてみたい感じです。お土産は、バァ様に「燕で作られたクワ」とかでしょうな。

ニュータッチ 製品ページ



探してみたらあった「新潟の鍬」リンク。鍬を買うならこれだ!

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

tag : 醤油 ご当地

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。