スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 太麺堂々 極味 濃厚魚介豚骨醤油








また、何日か分とばしてますけども…。

太麺堂々ですね。リニューアルかな?お昼に、どれにするか迷ったときに店頭にあると手がのびます。あれこれ、結構食ってるシリーズですよね、オラ的には。

スープが前のより更に濃厚になったと言うか、粘度が増した感じです。トロトロ系です。魚介系が香って、豚骨の濃厚さ。クドい感じではなくて…ええと、うまい言い回しが見つからないのですけれども、濃厚なんです。

なのですが。濃厚な液体スープは沈殿して溶け残りさえ発生してしまうので、蓋の上で暖めて、投入したら速やかに撹拌しませう。オラは粉末スープの溶け残りだけしか考えてなかったんで粉末先で投入しましたが、もしかしたら液体スープ先の方が冷めにくくて良いかもしれないです。

麺は待ち時間バッチリよりも、写真撮ったり何やらで長めの戻し時間になりましたが。おかげ様で以前に失敗したようなポキポキ麺になる事無く食す事ができました。
名前のとおりの堂々とした太麺。もはやうどん並みの太さ。乾麺の状態で結構ボリュームがあるように見えるんですけれども、スープと合わさると違和感がない感じになるので、割とスルスルスルっといけちゃいます。




ここでですねぇ、オラが驚きの告白をします。

何と、今日はかやくを入れ忘れた。

2分くらい経ってから、いっちょ!麺をほぐすか!とか思って蓋を開けたら何だか寂しい感じがしたのです。よく確認したら、かやくを入れ忘れ…。
その時点から入れたかやくなので、具の肉そぼろ(っていうの?これ)がちょっとサクサク・スナッキー。ただ、これはこれでアリな様な気がしました。メンマとか菜っ葉の類はちゃんと戻ってました。そう言えばこのシリーズのメンマってちょっと貧弱で寂しいですよね。ノリはスープでヒタヒタになっちゃって溶けて無くなっちゃうような感じではない、しっかりしたノリです。ノリで麺を巻いて食べると、これまた違った風味で面白いですぜ?

写真を撮るために、すこし考えてノリをのせてみたのですが。なんか居心地が悪そう…。

<今まで食べた『太麺堂々』>
日清食品 太麺堂々 濃厚魚介豚骨醤油
日清 太麺堂々 濃厚魚介豚骨醤油 ②
日清 太麺堂々 煮出し豚骨醤油
日清 太麺堂々 濃厚魚介醤油 ③
日清 太麺堂々 香熟味噌
日清 太麺堂々 醤油豚骨太麺堂々濃厚辛魚介豚骨醤油
日清 太麺堂々 鶏塩白湯

日清食品 商品リンク

なんと!商品が新し過ぎるのか、楽天にリンクが無いのですわ。

なので、amazonでの太麺堂々へのリンクを貼っときます。amazonにも極味の方は無かったけど…

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 背脂  家系 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。