スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿がきや ラー油で仕上げる汁なしめん






まぜてみました。



最近珍しい生麺。日清のごんぶと以外のところだと、寿がきやのこれくらいですかね。ストックに同じく寿がきやのうどんが入っとります。

ラー油で仕上げる、とありますけども。最近流行りの具沢山ラー油ではなく、サラッとしたラー油。

麺はなかなかに逞しい太麺でございます。いわゆる、一般的なつけ麺の麺みたいな太さ。太さがあるからでしょうね、冷めにくくてグッドですよ。
タレやラー油で滑らかな感じになってるので、ツルッといけます。が、汁はねにはご注意を。

タレはたっぷりな量が入ってるので、湯切りをしっかりやっても充分に味が回ります。
料理の基本としては、タレ→油の順番が正しいと思われたので、そんな感じにしてみました。自己満足です、ええ。

後のせかやくには、フライドガーリックや海苔、鰹節(?的な節っぽいの)なんかが入ってて。これはジャンクっぽいなあ。写真で確認できますかね?緑色っぽいのはネギですね。

焼きそばとか汁なしって、何かスープ的なのが欲しいオラなんですが、これは無くてもいけそう。

今回のは、蓋のツメを起こして湯切り口を作る、昔のバゴーンみたいな感じのつくりのカップ。「ああ、そうそう。こういうのだった!懐かしーなー!」なんて思いながら作りました。
お湯で軽くほぐして湯切りを1回してから、もう1度お湯を入れて温めるって感じで作ってみました。

寿がきや製品ページ

で。この間の事。とある指揮者の方とお話をした際に。「寿がきやは実際に店舗を構えて展開してるんだよ」と聞きましてビックリしたわけです。確かに東海地方で手広くやってらっしゃるようで。製麺から店舗展開までやっちゃう感じは、秋田だと林泉堂みたいな会社さんなんでしょうかね。

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。