日清 ラ王 旨味豚コク味噌






出やがったな。にっくきラ王!

あのプロモーションはないだろう。ありったけ消費者を煽っておいて、あっさりと復活。しかも出張で家にいなかったもんで。復活すんの見れなかったんですよ、オラなんてね。ツイッターで『なんだなんだ!何が起こってるの??』ってなってたのを思い出す。

いったい何人の人がラ王終売を悲しみ。いったい何人の人が、ラ王を買いだめしたんだ?

そんなラ王。食って文句を言ってやる!

まずはスープ。
粉末を先、液体を後の順番で。液体は溶け残るので適宜かきまぜるべし!一口すすってみようと思うのですが、結構な油膜の量で熱いです。かなりコッテリというのかまろやかな感じに仕上がっておりますね。この辺はしっかり豚を炊いた感じが出ております。豚骨と味噌って、どっちも強いものじゃないですか。ラーメン屋さんに入って豚骨味噌とかを頼もうという気にはならないオラなのですが、これは良いかもしれない。アリですね。

…いかんいかん、ガツンと言ってやるんだ!

具はモヤシとコーン、ネギにゴマに。チャーシューではなくて、そぼろと言うかお肉ですね。ペラペラのチャーシューはコスト面でなのか、カップ麺の格を重視したのか入ってません。入ってない方が良いね、潔くて。
そして、このモヤシの再現性を見て下さいよ!これぞ正にモヤシ!最近食ったカップ麺にもモヤシが入ってるのが何種類かあったけど。もやし味噌の一品みたいなレトルトのは別にしても、フリーズドライってホントに凄い。コーンなんて味噌ラーメンにはテッパンですわ。

こんなんじゃだめだ、言ってやれ!ナメられたらお終いだぞ?

麺は。「日清食品新開発の、3層太ストレート麺を使用。生めんに限りなく近いリアリティをもっためん」(日清HPより)と言う事です。
サイコーの状態で食って『なんだよ、元のラ王の方がよっぽど王者じゃねーか!』と言ってやるべく。途中2回も開けてかき回してしまいましたよ。

ラ王の味噌に関しては。待ち時間キッチリで食べ始めるとちょうど良さそう。おそらく3層構造ってのはコシの部分とある程度のモチモチな部分(じゃああともう1つはなんだろう)を混在させる製法なんでしょう。このモチモチの部分・表面がオラには少々柔らかくなり過ぎるように感じられたのでございますよ。アツアツスープと相まって、猫舌のオラが食べ終わる頃には少々クタビレる感じなのかな?と。待ち時間を多くとり過ぎたのもありますけどもね。

程良い軽いウェーブやら、麺の断面とかエッジの部分が良い!

チクショウ!旨ぇじゃねーかよ!

全体的にも、オラの苦手な「北海道」って言ってるラーメン屋さんで出てくるような、ベタッとしたしつこい甘さがあるわけでもなく。秋田県民好みなソリッドな味噌ラーメン。生姜とかニンニクがさりげなく味に強さとまとまりを生み出しているのでしょう。

もっとボロッカスのクソミソにやっつけてやろうと思ってたのに…。

おかしなラーメン屋で800円とか払うより、よっぽど満足出来ます。麺は少々少なめかな?いやしかし、美味しいからスルスルいけたのかもしれないなぁ。


日清 製品ページ

さすがカップ麺業界で話題になってるだけあって。↓1個買いのできるリンクがありましたよ。


そしてまとめ買いのリンクもどうぞ!


生麺だった頃とどっちがいい?と聞かれるならば。
カップ麺を作る手間が楽しく感じるタイプなので、前のも面白かったんですけれども。どうしても1回お湯で温めてってやってると出来上がりが温くなっちゃう事が多かったように思います。
その点では、新ラ王に軍配があがるのかな?と。

別のものって考えて、こっちを食べると自分の中のモヤモヤ(要は、あのやり方に対して。製品はどっちも好き!)に何かの解決が見つかるような、そんな気がします。

ともあれ。おかえり!ラ王。

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂