スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とかち麺工房 謹製 帯広の有名店 みすゞ ピリ辛しょうゆラーメン





久々、とかち麺工房。レギュラー商品のしおが未食なので、そっちも気になってたんですが。今回はこっちにしました。

醤油でピリ辛って言うと江戸系?と思ったのですが。みすゞの方が油っこい、油膜系のスープですね。寒いお土地のラーメンっぽい感じ。

ま、江戸系とか十文字ラーメンとかをカップ麺にしても、パンチが無いから商業ベースで見ると厳しそうな気もするっす。

原材料に、豆板醤とオイスターソースってあります。ピリ辛は豆板醤だとして。オイスターソースに気付けるまで、やはり半分くらい食べないと…。この辺は何食っても旨い、オラの舌ってシヤワセな舌なんだな、と再確認しました。

スープを一口。懐かしい感じでシュッと豆板醤がきます。けっしてグンッ!とかギュンッ!とか、ギャン!みたいな感じではなく。コンパクトにシュッ!と。んでジワッと醤油が旨い(この裏でオイスターソースなんだと、今思います)。

具はまぁ普通かな。ネギとチャーシュー。普通のペラチャーなんですが、脂気が強めな印象を受ける、そんな縮れ感です。
ただ、前回のネギと同じで、ネギのネギっぽさが凄いね。青ネギを乾燥させてお湯で戻すのは、なんとなく予想が出来るけど。白ネギの断面の感じさえ感じられる乾物って、これは日本人じゃないと考えないんじゃないかしら?

麺は。とかち~のお家芸の、氷結乾燥製法。麺自体が袋詰めされてるという、こっちの手間が一つ増えちゃう製品なんですけどね。その手間が楽しいのですわ。
そして、手間を裏切らないムチムチした麺。表面こそ少々ボソボソしてるような、すすり難いような感じがありますけども。そして封を切った時点で折れてる麺は、スープを全部飲み干さない縛りのオラには。食べ残し決定なんですけども…。

オラ。恐れながら申し上げると。
出来る限りスープは、後入れの液体にして欲しいと思うっす。麺を白湯で戻して、そこに後入れで液体スープを入れてでき上がる!というのが、なんとなく今の時点での理想形かな、と。

この辺は、とかちさん。しっかりオラの好みなわけです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。