スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルちゃん 富士宮やきそば

まず、最初に富士宮やきそば学会の皆さま、ごめんなさい。お湯を入れる量及び待ち時間に不備があり、変なボキボキな麺で食してしまいましたです。





やきそば。秋田には横手のやきそばがありますね。
横手のやきそばは、ご当地ラーメンブームのあたりに騒ぎだした感じが気に入らなかったんですが、ここまで一貫してやられると『大したもんだ、頑張れ頑張れ』ってなります。

継続は力なり。

そもそも、ご当地ラーメンブームに乗っかろうとしてポシャったラーメンって、秋田県内で見た感じだと食べる気も起きないようなのばっかりだったわけで…。

そんなマクラから。
富士宮やきそば。麺が太目ですね。今回、少々調理オペレーションに不備がありまして、食感等々に関してはレポートできませぬ。
魚粉の更に細かく挽いた感じのがのるんですが、何だろ?これがショッパイのかな。あまり好みな感じではないんです。粉は半分でいいや、ってなりました。
袋スープは脂気が多いので、蓋の上でよく温めた後によく揉んでから開けるのが吉。

好意的な意味合いでB級だな、って思います。「自分等はB級だから、これでいいんだ!」ってのじゃダメだけど、高級フレンチとかと無理して戦わなくても良いのだ。
ある日ホッとする味。オラにはちょっとショッパイけれど…

って、かなり厳しめに書いておりますが。富士宮の人に言わせれば、カップ麺で食った位でわかったような事を言うんじゃないよ!と言う事になると思います。オラはカップ麺を食う人なので、食ってわかった事は言う。

やっぱ、現地で食べなきゃダメっすね。富士宮、静岡か。待ってろよ!

富士宮やきそば学会さん

製品ページ

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

tag : ご当地

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 背脂  家系 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。