金浦町 華月 塩ラーメン

あっさりずいているもので、今回もあっさりなのをご紹介します。




前に象潟町の昇月さんをご紹介しましたが、こちら金浦の華月さんも昇月さんと同じく、山形県は酒田市発祥の月系に分類されるお店です。ワンタンメンがすっごく美味しいのですが、このワンタンってのがフワフワのロングドレスチックなワンタンで量もたっぷりと入っているため「食べても食べても無くならない…」みたいなプレッシャーが凄いので、最近はワンタンが入ってないのを頼む事が多くなってきました。

疲れが溜まっているのか、体がニンニクを欲していて。卓上にニンニクがあって近場で、っていうトンドモな邪道なお店選びから華月さんに行ってきました。

システムとしましては入店してすぐに注文をして、黄色い不札をもらってから席に着くシステムなので、事前にメニューをネットで調べておくと良いです。もしくは「ワンタンメン」とだけ取りあえず言って、着席してから「次回は何を食べようかな?」と悩むのがベターですかね。
程なくして「34番さーん!」と声がかかるので返事を擦れば持ってきてくれます。そんなシステム。

オラの今回のオーダーは塩ラーメン。ワンタンメンなら普通のしょうゆスープのも美味しいですが、よりさっぱりした物が食べたかったので塩で。

具材は味・歯ごたえしっかり目なチャーシューが2枚と、メンマとネギ。シンプルですが、それゆえの潔さを感じます。チャーシューはモモ肉かな?かなりしっかりした歯ごたえで、店内のご年配のお客さんが噛み切れるかな?と心配になってしまったりします。ちなみにチャーシューメンをオーダーすると、びっくりするぐらいの量が乗るみたいです。

スープはちょっと塩味強めな、しょっぱ目なあっさりスープ。邪魔しないくらいの綺麗な脂がうっすらと浮いております。
月系の特徴はトビウオ干しでとる魚感強めな出汁という事なんだそうです。実際に酒田のお店には入った事無いんですが、比較的近めなので今度冒険しに行ってみたいと思います。

麺は細めな縮れ麺。柔らかめな食感に茹でられてて、消化にも優しそうな感じがします。量的には小食なオラで普通盛で丁度いいくらいなので、一杯食べたい人はワンタンメンか大盛でも良いんじゃないでしょうか。

テーマだったニンニクをスープに落とし、溶けるがままに食べて更にお酢を足してフィニッシュ。

今回も旨かったです。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

日清 カップヌードル ベジータ

ちょっと前の。










カップヌードルシリーズでは珍しい、レギュラーサイズでの限定フレーバー。いつもはビッグで出てくるので悔しくて悔しくて…なオラですが今回は食べれます!

野菜がたっぷりで一日の目安量の1/3が摂れるってのがウリのようです。

具はキャベツ・コーン・パプリカ・菜っ葉(チンゲン菜かな?)と、HPを見るとフライドポテトだそうです。名前忘れちゃったけど、麺をちょっと減らした代わりに野菜を増量したカップ麺がありますが、あれと比べても遜色ないぐらい野菜が入ってます。

スープはサブタイトルにある「バターでソテーしたベーコンとキャベツ」な味ですが、たっぷりの野菜の柔らかい甘みで、野菜スープのようにも感じられます。オラはカップ麺だけって事は無く、その他におにぎりを持参してたり少量のご飯と冷蔵庫にあるおかずとかを一緒に食べるようにしているのですが、スープとしてもなかなか良いですよ。おいしいと思う。でもちょっと癖があるので、苦手な人も少なからずいそうな気がします。

麺は通常のカップヌードル麺なので、特に印象は無し。でもこれだけ色々やっても破綻しないんだから、かなりオールラウンダーな麺ですよね。

ビッグとライトも合わせるとかなりの数の変わり種が出てて、全くキャッチアップできていないカップ麺ブログですが、これからもよろしくお願いいたします。



日清 商品HP

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

no title




プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 背脂  家系