秋田市 萬亀 ブレンド醤油・塩

2012年4月以来の当ブログに登場の萬亀。おそらくこれ以降何回かは行ってるんだと思いますが。実はこれが食いたくて食いたくて。よそのブログとかで写真を見るたびに悔しく思っておりました。






この日、あいにくの雨。駐車場は満車。同行した者は「どっか余所に停めたら?」と言うのですが、そこは萬亀のオキテに従って(オールドファンなので)無断駐車とかはしちゃダメなんです。ちょっと、隣の契約駐車場に停めちゃおうかな?とは思ったけど…

待つ事10分で駐車場が空き、それから更に待つ事10分。意外にも意外にもあっさりと着席。こんなもんだっけ?とあっけなく思いつつ、ブレンドの醤油と塩をオーダー。

同行者は醤油はあんまり好みじゃなかったらしく、濃厚の塩を次回は食いたいと言ってました。オラは安定のブレンド醤油。太麺ってのも考えましたが、オリジナルを食っておいてからと思いましたので、次回に取っておきます。

【PR】


岡山の職人がオーダーメイドで箸を手作りします!高級国産漆(うるし)で丁寧に仕上げます。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

エースコック 汁なしわかめラーメン ごま・ポン酢

例に倣いまして、ご無沙汰しております。
公私の、公の部分がバッタバタしてまして、ブログどころの騒ぎではなくなってる感があります。
泥船からはサッサと降りるのが賢いんだと、それは知ってるんだけど…。ある程度のケガを覚悟で飛び降りるべきなのか…。

それでもメシは食べないとならないわけで…。

というわけでカップ麺。スーパーで買い物しててカップ麺コーナーをチェックしてると、「これはイケるんじゃないか?」と思う品物に出会います。まぁ、それが全国的にヒットする、とかじゃないんだけども。

今回のわかめラーメンもそんな感じがしました。

トマトのジュレの冷製パスタ
おだしのジュレの冷製うどん
あたりを食べてむせてたのが2011年あたり。3年も前なんですね。しかもジュレうどんはキッカリ3年前ですね。








今回のわかめラーメン汁なしですが、酸味もあるけどむせるほどじゃないです。

麺はわかめラーメン…というかエースコックでよく見られる、断面が丸いちょっとボソボソっとした麺です。このボソボソ感にタレが絡むのが美味しいと思います。もし冷えちゃってもいわゆる油そばみたいなオイリーな感じじゃないので食べやすいのです。だから混ぜるのはしっかり!混ぜるとよろしいと思いました。

「カツオやホタテの旨みと香ばしいゴマ油を加えた、ゆずの風味が香るポン酢味のたれです。」とHPに表記があります。酸味は控えめな感じなので酸っぱいの、苦手な人でもイケます。実際、オラの周りでは酸味苦手な人でも旨そうに食べてましたから。

具はゴマとワカメ。なかなかストレートな感じがします。もう一種類はいってる、チャイブスってなんだろ?と調べてみました。ネギ科の葉菜または根菜、という事です。西洋アサツキと言う物らしいです。カップ麺で賢くなるオラであります。

一回お湯で調理した後、氷水で〆ても面白いんじゃないですかね。

エースコック商品HP


クリックしてくれるとオラがニヤニヤします!
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

【PR】カップ麺のおともに、こんなアイテムは如何でしょう?

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 背脂  家系