蒲田 元祖平壌冷麺 食道園 冷麺

蒲田は食道園さんを訪れてまいりました。

オラは今、埼玉県は戸田市に住んでおりまして、駅までは歩いて15分かからないかな?という位なのです。戸田から蒲田まで、定期券を有効に活用して有楽町経由で参りますと。大体1時間くらいかかります。1時間かけて、たったの1杯の冷麺を食いに行く。それほどの価値はあるのか…?

結論。あります。

お店外観



調理中の店主氏



冷麺着丼



ガヤガヤした感じがとても落ち着く町、蒲田。前回から2年経ってますが、お店はあるかなあ?と向かいますと。ありました、食道園。看板は仙台の稲荷小路(だったと思う)のお店で使ってたものだそうで。オラも一回行った事があるんですよ。いや、マジで。その時も「カルビ・生ビール・シメに冷麺」という通セットだったんです。

今日は比較的店内が落ち着いてる時間帯だったので、音の出ないカメラで店主氏の調理中も撮影してみました。前回は奥さんもいたんですが、今日はお休みの模様。パートのおばちゃんに冷麺辛味別と、これまた通オーダーを決めて店内を見ておりますと、有名人サインが増えてますね。

オーダーが通った後に麺を押し出している音がします。油圧のモーター音が聞こえるわけです。盛り付けの勢いはないけれど、丁寧な仕事ぶりに好感が持てます。

さて、冷麺。
今の季節にするとオラの感覚ではゆるめに感じる麺のシメ方ですが、でも冷凍物とか茹で置きじゃない本物の食感があります。スープは以前に比べると若干薄味な感じがしますが、辛味とお酢で好みな感じにしときました。

ネギの刻み方やリンゴの下処理、キュウリの漬かり方まで全てオラの好みです。

というか、オラの冷麺はこれなのです。ここから始まってるんだもんね。

両津さんじゃないけど。「ここの冷麺の味がわからねぇなんて、人間じゃねぇ!」と言った感じです。

盛楼閣も三千里も髭も、もちろん旨い(あえてP舎とは言わない…)けど。

ここだけは別格です!!

【PR】

岡山の職人がオーダーメイドで箸を手作りします!高級国産漆(うるし)で丁寧に仕上げます。

テーマ : 美味なるもの
ジャンル : グルメ

戸田市 青木亭 ネギラーメン小・TP味付け玉子

どうも。粛々と埼玉県戸田市で暮らしております。一つ不便な事がありまして、オラが常飲しているトップバリュの焼酎が、一番近いお店では25度しか売っていないのです。これは由々しき問題であります。

そんなわけで。北戸田駅まで歩いてイオン戸田に行ってみようかと思ったわけです。北戸田イオンにはジャンクガレッジ(六厘舎系列であったか…)が入っておりまして。それが目的だったってのもあります。

結果。ジャンクガレッジはフードコート店舗で。フードコートが苦手なオラとしましては、涙目で諦めるという事になったのです…。

帰り道、見つけたのが青木亭(音が出ます、気をつけて!)さん。




ケータイで地図見ながら行ったので、事前情報が全く無いままでした。お店に入りましてメニューを見ると、何だかラーショ系列っぽいメニュー構成。周りを見て確認しまして…。ええと、ラーショ系がカブったと気付いた次第であります。

小・中・大(通常で言う並が小)という大きさ表示と、ノーマルなラーメンにネギが乗るとネギラーメンに成り上がる方式。黒塩・赤塩というオリジナルメニューはあるのですが、ネギチャーシューを「定番」と表記(ドモンみたいに『定番と注文しろ!』的なのは無いですけど)しています。うむ、なるほど。

店内は非常に小奇麗です。女性でも入りやすいんじゃないかな。もともとコンビニだったと思われる店舗なので、駐車場側が全面ガラス張りで、自然光を取り入れられてるわけですね。

オーダーは券売機で、秋田県民にはマシンガンでおなじみになりました、メニュー番号を押して発券する方式。慣れないと難しいやつです。

麺は縮れちょっとありな中細麺。平ザルで上げるのがコダワリのようです。確かにテボの方がお手軽だし、テボが主流になって来てますもんね。でも、どっちがいいの?と聞かれれば。たっぷりのお湯の中で麺を泳がせて、平ザルであげる方が均一に熱が通るのは道理にかなってます。

具はメンマ・ワカメ。ネギは若干の処理のアマさを感じますが、ネギ好きとしては好感のもてる切り方。チャーシューはなかなかホロホロで良いっす。ノリはまあまあ普通の品物。味付け玉子は、舎鈴よりは好みなレベル。

スープなんですけど、味は薄目だと思います。背脂が浮いてるんですが、ドモンほどルックス的にパンチが効いているわけでもなく、これも小奇麗な感じなんですが。ちょっと大人し過ぎないか?と思う感もあり。

とりあえずニンニクとコショウで様子を見て、終盤でお酢を投入してみました。

食べやすい、きれいなラーショ系って事ですね。

ラーショって、こういう浅めなドンブリを使うではないですか。スープの量を少なくできる(同じ材料でとれるスープなら、通常よりも杯数を出せる)って意味で理に適ってるなぁ、と思います。

その代り、口が広い分冷めるのが早い気もします(ドモンのは派手に油膜が張ってるんで、その分冷めにくい気もするけど)。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

戸田市 ニューラーメンショップドモン ラーメン中

先週末、ドタバタで引っ越しをしたのです。職場の先輩が転勤という事で、前日は終電で帰って。次の日は8時に起きて引っ越し。しかもワンボックス借りてきて自前で引っ越しとかね…。疲れるっちゅうの!

引っ越し先で昼メシ食おうって話になりまして。同僚にドモンさんという人がいるんですが、丁度引っ越し先の近所にニューラーメンショップドモンってお店があるので、じゃあ行ってみようかという話になりまして。




ラーショ系のお店にはあんまり馴染みが無く、おそらく初めて入ったと記憶しております。秋田だとラーショ勢力よりも、アジキューの方が強いもんね。そんなラーショ初体験。

うわ!強烈だな、と…。

勿論、欠けまくってるドンブリとか大量の背脂もそうなんですが。

何より、オヤジが強烈。

これだけで好き嫌いがわかれるんじゃねーかな??

胸ポケットには千円札の札束、ポケットには小銭がジャラジャラ(曰く「ポケットによって入ってる金種が違う」との事)。レジが無い代わりにオヤジが手会計してるわけです。

ラーメンは噂に聞いたラーショ系の、どストライクな感じ。直球です。

太目な縮れ控えめな麺と、油気の強い醤油スープ(きっとつけ麺でも面白いと思う)にガッツリ!!背脂。背脂が散らかってます。ルックス的な好き嫌いも分かれるところかと思われます。

コレ系の麺って茹ですぎてグニュグニュになってる事が多いんですが、そこはしっかりわかってらっしゃる様子。茹で湯にも気を配ってるとお見受けしました。

具はシンプルこの上ない感じ。ワカメ・チャーシュー・刻みネギ。メンマが載ってた、かも。位のもんです。

スープは豚骨を炊いて醤油ダレと合わせた感じですが、結構攻撃的なしょっぱさが来ます。ニンニクをガッツリ!ってのも旨いと思う。オラはシメの段階ではお酢を加えときました。

話はそれるが、オラ、飲食業界にいた事の方がサラリーマンしてるより長いんですよ。そんなもんだからラーメン屋さんの経営とかメニュー構成なんかを眺めてアレコレ考えるのが好きなのね。
一般的なラーメン屋さんを考えると『主力のラーメンがあって、メンマトッピング』なんていうパターだと思うんだけど。ドモンさん(おそらくニューラーショ系はそうだと推察します)は、普通のラーメンにメンマが乗ったら『メンマラーメン』という一品になるんです。ネギが乗ったら『ネギラーメン』
んじゃ、ワカメが乗ったら…?

『ワカメラーメン』でしょ!??

そうです。

なんだかその辺が、昭和っぽくて嫌いになれないわけで。

こち亀で「流行らないソバ屋を立て直すために、両津さんが気難しい店主像を演出したり、わざとドンブリを欠けさせたりしてプロデュースする」ってお話があるんですど。
90317148.jpg

もしかしてココがモデルになってないよね?的な。

ネギチャーシューを、定番と呼ぶようにお客に強制しちゃう感じとか、嫌いじゃないなぁ。

むしろ好きな感じのお店。ラーメンの内容を度外視しちゃって、こういうお店、大好き!また行っちゃうぜ!

次回はネギチャーシューを食いますが。そしてこれからも何回も行きますが。

決して定番とはオーダーしないぜ!オラのコダワリと、オヤジのコダワリのぶつかり合いだぜ!

ニューラーメンショップドモン

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 柚子風味 家系 背脂