油そば総本店 新宿アルタ裏店 油そば

油そば×トランペット=佐々木大輔

ミョーな事を言うと、大輔君の女性ファンに吊るし上げをくらいそうですが…。大輔が油そばを食べるのは事実なのであります。




今回は「油そば総本店」さん。面白い名前なのでカッコをつけてみました。

以前にぶぶかのカップ麺で食べてるんですが。今回の総本店さんのは、それほど油油してない感じがします。『油こい・濃いめ』のタレを、とおもってたら。意外とアッサリですね。味もしっかりはしてるけど薄い感じ。そしてすごくシンプルで。TPでバリエーションを持たせる、すき家とか幸楽苑的なビジネスモデルな印象。

麺は、おそらく加水率(っていうの?)が高めな、モチモチ・ツルツルな麺です。タレのノリも良いんですけど、何より熱々なのがうれしいっす。タレの絡みが良いです。
綺麗にストレートな麺でございまして、あんまりクセはないので食べやすいです。そして量的にも質的にも普通なので、女性の方でも食べきれると思います。実際、食の細さでいったら女の人並なオラでも「大盛りでもイケたな」という印象でした。

具材は小ぶりなチャーシューブロックとメンマと、ネギに水菜。ネギは若干と香りが抜けてるというか、独特の癖が出ないように処理されております。白いところだけなので、時期によってはコストがかかるところだと思うす。
チャーシューもまた、クセのない仕上がり。

タレもまた不思議です。最初は「味が薄いなぁ…」と思ってましたが。混ぜようが足りなかったのかもしれませんが、なんだか食べ進むうちにジワジワときます。卓上にラー油とかがあるので好みな感じにカスタマイズするのもよろしいのではないでしょうか。マヨネーズなんかも、時にはアリだと思います。

そんな卓上には、ラー油にマヨネーズ。面白いところで白ゴマ(小さなすり鉢があるので、それで擦るわけです)に米酢に黒酢。結構色々あるんで、ここはほんとにお好みでどうぞ!な感じ。

麺の量をチェックしたんですが、並だと150グラムで大盛りでも200グラムだそうで。東京あたりだとポピュラー通り越して、ほぼ当たり前な感じになってる「大盛りも同じ値段」でやってます。

油そばって言う名前ほど、脂っこくない印象ですね。

東京名物油そば総本店
【PR】

岡山の職人がオーダーメイドで箸を手作りします!高級国産漆(うるし)で丁寧に仕上げます。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

西川口 ちゃーしゅーりき りき玉めん

西川口付近をノタクリだして一月近くになります。治安がよろしくないという噂をネットで聞いたり。昔は大歓楽街だったイメージがまだ拭えていなかったりする西川口ですが。住んでみると不自由は殆ど無い(まぁ経済活動を殆どしてないからかもしれないですが)ですし、大陸のアジア圏の人が多いのは管楽器の聖地新大久保で慣れてるんで。適度に力の抜けた、キャバレーの呼び込みの人達や週明けでも構わず客が入ってる居酒屋も良いじゃないですか。割と嫌いじゃないですよ。

そんなマクラで今日は始めてみます。

西川口の東口の駅前にあるお店。

もう15年も前になりますが、家系というジャンルが一世を風靡いたしました。西川口の隣の蕨駅の近くにも、ねぎし家ってお店があります(まだ行ってないんだけど)。当時、オラの秋田県には家系は無く、それが食べたくて食べたくて…というほどでした。
西川口に初めて上陸したオラが一番最初に見たラーメン屋さんでございます。

その名は『ちゃーしゅーりき』。




当初、頭に浮かんだのが消臭力のCMだったのですが。そんなわけはない、長州力さんをモジってるんですね。

家とこそつかないけれど、れっきとした家系なラーメンだと思います。
太目な麺に、醤油ダレを豚骨で割ったスープ。チャーシューにホウレン草にノリ。少量の刻みネギに、メンマは無し。「麺の硬さ・味の濃さ・油の量」をチョイスできたら…と思ったら、言えばやってくれるようです。

スープは醤油ダレが勝ちすぎない、オラ好みなマイルドさです。ホントに好みのバランス。…ニンニクとコショウでバランス、だだ崩れにもって行っちゃうんですけどもね、この後に。

麺は縮れチョイありで、汁ハネに注意が必要ですが。やっぱりズルズルズル~っと豪快にいきたいですね。

チャーシューは結構柔らか目なのが2枚。

ドンブリがまた家系っぽくて良いす!

【PR】

岡山の職人がオーダーメイドで箸を手作りします!高級国産漆(うるし)で丁寧に仕上げます。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

埼玉県蕨市 鶏そば三むら つけそば

秋田県はTBS系列のテレビ局がありませんので、TBS系の人気番組は時間帯を変えての放送になっております。地味な番組は放送自体されないわけで。
オラは現在、埼玉県にありますが。そんな埼玉県でのお散歩の途中に、蕨駅近辺で気になるお店を発見していたのです。

秋田県では放送されないTBSの番組に「明日、開店します!」という番組がありまして、その番組に取り上げられたのが今回のお店。




どうやらオープンが2013年の5月という事で。「ラーメンが好きで好きでしょうがない」という店主氏が始めたお店との事。なるほど、共感というか好感が持てます。秋田でも屈指の人気店になっちゃった十郎兵衛さんもそんな感じの店主氏でしたです。

番組でちょっと情報は入れてたんですが。圧力釜の業務用みたいなのを取り入れているようで(確かに仰々しい感じのがありました)、本来だと長時間煮込まなければならないのを短縮できるようです。すごいね。
んでも手抜きってわけでもなくて、鶏チャーシューはオーブンで仕込んでるので。しかも少量づつ仕上げてる感じだったので、こりゃ手が込んでます。手間かけてますね。すごい!

今回はつけそばをオーダーしました。暑くなってきてるんで、周りをみるとつけそばが出てました。

以前に十郎兵衛さんで調子に乗って大盛りって言って食べきれなかったのを思い出しつつ、三むらでも「大盛り無料」という事で大盛りでオーダー。しかも鶏のから揚げが1個サービス(2013年6月現在)との事で、それもいっときました。

すごくお腹が一杯になりましたが、そこは意地での完食!帰りは遠回りして、グルグル歩きながら帰ったわけですけどもね…

麺はパツパツ感が程よいツルツルな麺です。冷水でしっかりとしめてあって、且つ汁の絡みもよいと思います。縮れは殆ど無い、ストレートな麺。

その分、つけ汁は鶏の感じがしっかりとした濃いめな感じで。酸っぱさは全くない、鶏を生かしたものになってますね。浮いてるのは玉ねぎを荒目に切ったものですが、下処理しっかりしてあるんでお腹が痛くなるかんじも無いです。丁寧ですね。

具は別皿で太目なメンマ・茹で加減が絶妙なホウレン草・海苔・鶏チャーシュー。鶏チャーシューは茹でではなくてオーブン焼きなので食感がしっかりしていながら柔らかいす。

あれ?でもチャーシューって焼豚(叉焼)だから、鶏チャーシューって表現はどうなんでしょう…?しかも「オーブンで焼いてる」ってのも…。まぁ、旨いから良いことにしましょう。

鶏のから揚げがついてかなりゴツめなボリュームですが、櫛切りになったレモンがついてますので途中で絞れば最後まで飽きずに美味しくいただけます。

卓上には揚げエシャレットがありますので、これも一味加える意味で入れてみました。

北斗晶さんの旦那さんをシュッとさせたような、控えめな笑顔の店主氏が気持ちのいいお店です。

カウンター内には業務用オーブンと業務用圧力釜。更に業務用のフライヤーまであるので、今風なお店のような派手な湯切り『パフォーマンス』はありませんが、丁寧に仕事してます。

また行きたいっす!

埼玉県蕨市塚越2-4-1ハイツリラ1F

クリックしてくれるとオラがニヤニヤします!
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

鶏そば三むら
【PR】

岡山の職人がオーダーメイドで箸を手作りします!高級国産漆(うるし)で丁寧に仕上げます。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 柚子風味 家系 背脂