とかち麺工房 「はじめ家 上越家 とんこつ醤油味」

えっと…。4/9の記事を5/9に編集してるわけです。

ひょんな事から、秋田カローラの営業の方がオラのブログを見る事になりまして。放置しっぱなしってのもどうにも『あべぇ悪ぃぐで』(=あんばいが悪くて)、ちょっといじくりに来たわけです。

カップ麺も随分食ってないなぁ…という事で、通勤途中のサンクスで購入いたしました。とかち麺工房のカップ麺。サークルK・サンクスのコラボ物。しかもラーメン屋さん同士もコラボっていう。商品名が長くて正式なお名前は不明という…。何とも今のオラにふさわしい一品をご用意した感じであります。








とかちのカップ麺はいったいどのくらいの数を食べたのかわかりませんが。スープにはかなり期待しております。その分、具はよく言えば安定というのか、マンネリな感じもあるんですけれども…。麺は毎度お馴染みの氷結乾燥麺でございます。


んでね。一か月も前のカップ麺の味を覚えていられるほど、賢い舌もノウミソも入っていないわけなのでした。

…ギャフン!

それで終わっちゃうと、何ともならんので。無理やり何かを書くわけですよ。

とかちの麺なんですが、どっちかと言いますと濃い目のスープに合うと感じています。んで、とかちの特徴でもあるエキス分の多めな濃い目なスープ。なかなかのマッチングだったと…思います。
レトルト具と、液体スープを投入する時に、如何にスープの温度が下がらないようにするか。ここに尽きます。別容器でしっかりと熱湯で温めておくのが肝になるわけですが。「カップ麺って、湯を入れて待ったら食べれる物なんじゃないの?何でそんなに面倒くさいの??」と聞かれてしまいそうです。

そこにカップ麺の面白さがあるんじゃないかと…勝手に思っている次第であります。

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 柚子風味 家系 背脂