スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯沢市 長寿軒 らーめん

長寿軒 らーめん。




いろんなラーメン屋さんがあってすごく楽しい。そしてラーメン屋さんの店主さん達も、お店に来てくれるお客の為に色々工夫しよう!というのが、客のこちら側としても凄く楽しいんです。新メニューとか限定とか用意してくれたら、そりゃ行きたくなっちゃうんですよ。15杯限定とか16時から限定とか、そう言われると行きたくなるのが人情なんです。

しかし。そういう流れとは全く別の所にいるお店があって。創意工夫をこらしてもてなしてくれるお店と、変わらない事に意味があるとオラが思うお店。

どっちも大好きだから、すごく困るんです!

「中華」で有名な某そば屋には、あんまり…ですが。

長寿軒は、もちろん何も変わらない系のお店。(2年前の長寿軒)。細かく言うとメンマは変わってたかな?位。

これまたお昼時をはずれた時間帯に行ったのですが、バシバシお客さんが入ってました。オラみたいな他所者は別としても、常連さんは言わなくてもオーダーが通ってたり、「ショッパ目で」とかの裏オーダーが存在してるのも老舗店ならではなんでしょうね。女性の一人客が結構いたりするのも、このお店の特徴なんじゃないでしょうか。

お店のお姉さんが、菜切り包丁でネギを刻む音やお客さんのガヤガヤを聞きながら食べるらーめん。

これもまた旨し!です。

表面に油膜の湯沢系と言っていいのか?なラーメンです。暑い時期にはちょっと…?なんて思うオラなんですが、いやいや暑い時期だって旨い!鈴弥さんなんかも油膜系ですけども、たまにミョーに食べたくなるんですよ。湯沢にあまり行かなくなって抜けた感じがあったんですが、こうしてたまに食べるとジワジワとまた食べたくなるっす。
何でも鈴弥さんは鈴夜さんっていう夜営業のお店を駅前に出したらしいじゃないですか!ジジック(閉店してたっすね…)の3軒駅寄りだったじゃないですか!…見てきたんですよ。

油膜系と十文字、これが混在している湯沢って面白いっすね。

【PR】

岡山の職人がオーダーメイドで箸を手作りします!高級国産漆(うるし)で丁寧に仕上げます。
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

にかほ市 らーめん北海道 ネギラーメン味噌味

どうも、カップ麺を食べないカップ麺ブロガーという、日本でも非常に稀有な存在に昇華しつつあるmametまめでございます。

仕事をしておりまして。最近は象潟とか仁賀保とかに行く事が多いわけであります。秋田市から由利本荘市があってにかほ市を通って山形県。と、これはまぁ良いんですけれども。由利本荘市からいきなり横手市だったり、同じく由利本荘市からすぐ大仙市なんて、ちょっと情緒がないんだよねぇ…などと平成の大合併にいまさら苦言を呈してみるわけです。横手って言ったって広すぎるし、そうなってくると横手焼そば様なんて言うのは横手でもごくごく中心部の食べ物なわけでございましょう?「どごよ?」「ん?由利本荘市」これでは広過ぎてどこだかわからないので、オラは旧市町村名とかを使うようにしてるんです。その方が仕事しやすかったりするわけなんです。




そんなわけで。象潟町のラーメン北海道。象潟の市街地から酒田方面に走っていくと左手、山側にあります。黄色い建物でございます。
営業時間が11時から16時まで(だったかな??)という、結構限られた時間なんですが。しかもオラが行ったのが14時とかの半端な時間だったんですが、店内にお客さんが2組おりました。14時付近って殆どアイドルタイムで、お店によっては閉めちゃってるところもあるくらいなのに。市街地からは外れている、決して恵まれた立地ではないと思われるんですけれども。何でしょう、店員さんの接客っぷりがそうさせるんでしょうか?

実際、すごく感じのいい接客なんですね。何かほっこりする感じ。

カウンター主体ですが、小上がり席とかが工夫されているレイアウトです。家族連れとかで行っても重宝すると思われます。中々使い勝手の良いお店なんじゃないかしら。

オラがオーダーしたのはネギラーメン味噌味。何となく肌寒い感じの、小雨なんかがぱらつく天気でしたので、こりゃ味噌だな、と思いました。あと味噌って言ったらネギでしょ!位の勢いで。
いわゆるところのネギミソというもの。秋田県だとネギの刻んだものを辛味噌とかラー油とかで和えた物が乗ってる(めん丸ネギミソ)ものがオーソドックスなんだと思うんです。和えないで白いまんまのっかってくるのだと以前の竹本商店さんの「情熱の味噌ラーメン」のネギTPとか、軽く油で和えるのだと以前の錦さんのネギミソとかだという認識。

でもここは、白い白髪ねぎ(黒い白髪ねぎはねーやな…)がこんもりと。こんもりと盛ってあります。軽くビックリしました。勿論二度見。綺麗です。

ネギは下処理がうまくないと、一杯食べた時にお腹が痛くなります。オラのバァ様は半日位水にさらすそうです。要はその位手間をかけないと、美味しく食べれないわけなんですね。

そんな点でこちらのラーメンは綺麗ですし、ネギが薬味じゃなくて具として主張してると感じました。

歯に挟まって酷かったのは、これはオラが老いただけの話です…。

味噌ラーメンとしては昔懐かしい系の味わいだと思いますけども、すごくベーシックな感じですよね。北海道といいつつ秋田県とか酒田とかで受け入れられるタイプの味噌味。甘さ控えめな感じが好みです。人によっては薄いと感じちゃうかもしれないっすけども、食べてて負担にならないお味です。


【PR】

岡山の職人がオーダーメイドで箸を手作りします!高級国産漆(うるし)で丁寧に仕上げます。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。