日清 日清のどん兵衛 コク旨豚汁うどん








久しぶりに味噌ラーメン的なものが食べたくなって。しかし目新しい味噌系は見当たらず、味噌つながりで豚汁うどん。

結構に具だくさんで楽しい感じがあります。個人的には、オラが豚汁を作る時には生姜をガンガンに利かせるので、チューブ生姜のストックがあったならば加えたい感じがありました。切らしっぱなしなんで明日のピンクレシートの日に仕入れておきましょう。

七味唐辛子が入っておりまして、オラは一味派なのですが。今回の七味は香が良くてグッドでしたよ。唐辛子の香りは勿論ですが、特に今回のは海苔の香りが感じられて入れると一層おいしくなります。

うどんは昔のどん兵衛シリーズよりも縮れが弱くなって、モチモチ感が増してますよね。昔はもっとビロビロな、山形は酒田市のケンチャンラーメンみたいな麺だったと思うんですが。この辺は好き嫌いで「昔の方がカップ麺らしいジャンクさがあってよかったのに…」と仰る方もいるかもしれませんね。

スープは味噌感はあるんだけど、味噌ラーメンみたいなパンチがある感じではなくて。これは少しお疲れ気味なオラの胃袋に、ちょっと休みなさいよ、という事だったのでしょうか。スープまで飲み干してしまったオラだったわけでございますけれども…。

豚汁うどん、ごんぶとシリーズでやってくれないかなぁ…。どうでしょうね?日清さん?

日清 製品ページ

クリックしてくれるとオラが喜びます!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

エースコック 勝浦タンタンメン







んー…。辛いだけかもしれない。

難しい味でございます。

麺は細めの縮れ麺。スープが辛い一辺倒なんで、若干飽きがきます。

「千葉県勝浦市商工会・青年部監修のもと忠実に再現!」という事ですので、実際に地元のものに近いのだと思います。こんなに辛いんだね。
ベルカンプの貪欲ラーメン巡りベルカンプさんのところにも情報は無し。

スープはご覧のとおりラー油でビシッとコーティングされております。ラー油のストレートな辛さが印象的な一杯。愚の玉ねぎの存在感をもう少し引き立たせて、うまく仕事してもらうともっと深みのあるカップ麺に仕上がるのではないでしょうか。今日のオラには辛すぎました。

オラの昔のお仕事にヤキニク屋ってのがありまして、全然関係ない話なんだけど、そこに某ファミレスでエリアマネージャーだか店長だかをやってたカツウラさんという人がいたわけです。いわゆるヘッドハンティングされてきた人なんだけど、社長に飽きられちゃって干されかけだった人なんですけれどもね。一説によると新潟出身なのに関西弁で喋る謎な御仁で。そのカツウラさんというお人は「ありがとうございます!」も「はい、ただいまお伺いいたします!」もすべて

「アシャシャ!」

と発音する人だったんです。絶叫!アシャシャ!のカツウラさんは、外看板の電球を取り換える為に屋根に上り(そんなの業者に任せればいいのに…)、結果屋根から落ちて腕の骨を折ってみるだとか。新幹線で降りる駅を間違えて秋田県内で行方不明になってしまうだとか。なかなか面白いオッサンでありました。
顔がヤクザ顔(仁義なき戦いシリーズの俳優陣が良い人に見える!)なので厨房に入れておくしか使い道がなく。だからと言って厨房内であっても小間使い位にしかならない、それでいて憎めないオッサンだったわけです。

勝浦タンタンメン(前回のは寿がきやのだったかな?)を食べるたびに。オラはカツウラさんを思い出して、心の中でアシャシャ!と呟く事になるのです。なんの呪いなんだろう…。


エースコック 勝浦タンタンメン商品ページ

クリックしてくれるとオラが喜びます!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

南部屋敷 鴨南蛮そば




鴨の季節に間に合った!

オラ、鴨南蛮大好き。ジューシーな脂が浮いたスープは、これぞ冬の飲み物!しかもエンドレスで汁だけいっちゃう感じの、ちょっと野暮な食べ方をしてしまうわけです。まぁ、猫舌なのでお蕎麦をズルズルっといけないので、ショボショボと食べてる感じなのですけれどもね。

南部屋敷さんは和食系のファミリレストラン的な位置づけのお店。チェーン店ながらもお蕎麦はお店で手打ちなのだそうです。汁も土佐清水の亀節を使ってるそうで、この辺にもかなりのこだわりを感じますです。
お店のレイアウトも通路を広めに取ってあったり、小上がり席もゆったりとしてて居心地が良いです。ただ、混み合う日曜のお昼時はかなりな戦場な感じになるので、その時間帯だけははずすようにはしてるんですけどもね。

蕎麦打ちがあったりするので、厨房内はかなりガテン系な雰囲気のようです。いわゆる職人さん系な方が各店舗の料理長をやってるとかで、オラみたいな半チクには勤まらないでしょうなぁ。だから何を食べても大きく外さない安心感があるお店なのです。

蕎麦は今風な極細のではなく、何となく懐かしさを感じさせる太さ。もりが粋だぜ!ってのもわかるんだけど、南部屋敷だとオラはお汁が張ってあるのを選ぶ事が多いです。オラはなかなか粋とは縁遠いところにおりますが、旨いんだからしょうがないよね。

赤い水車がトレードマークのお店。
南部屋敷HP

クリックしてくれるとオラが喜びます!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

テーマ : 季節もの
ジャンル : グルメ

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 柚子風味 家系 背脂