スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 日清焼そばUFO 濃厚甘口ソース








ぶっとリッチシリーズ。UFOだけは太麺って感じ、ありました!スパイシーポークカレーと比べるとよくわかります。

太麺堂々より少し細いかな?くらいの太さの麺。ボキボキ感が殆ど無く、ムッチリした舌ざわりです。かなり美味しい。カップやきそば的ではないんだけど、でもこれはまさしくカップやきそばなのであります。「麺にソースを練り込んだ」(HPより)とありますので、そんな一体感もあるんでしょう。

ソースは「濃厚甘口」と言ってまして、これもオラの好みにあってました。ただ、麺が太麺で多めなんでソースの量がちょっと少ないかな?味を均一に馴染ませるのが難しい感じです。例えばばバゴーンとかなら、麺が細めな分かき混ぜ安いんですけども、そういう点では作るのにコツがいります。

今回は、月末に3連勤があって次の月の月初に2連勤という、隠れ5連勤の真ん中なので永谷園 1杯でしじみ70個分のちから カップみそ汁のお力を借りつつのカップ麺でございました。

日清さん 商品ページ


しじみ70個分のちから ブランドサイト


クリックしてくれるとオラが喜びます!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

マルタイ カップラーメン 醤油味







ほんとは昨日食べた、ぶっとリッチのUFOが先に記事になるんですが。

行き付けのコンビニでカップ麺コーナーを見ますと、なにやら見かけないパッケージが。ふむふむ…マルタイ!?ってな感じで購入。
秋田県で、福岡県のメーカーのが売られてるって凄いな。
デイリーなんですけども、たまにイタズラして毛色の違うのを置いたりしてるみたいで。アカギの中華そばが置かれてたりするのです。そういう遊び心は、こっちとしても嬉しいので大歓迎。

麺は九州っぽい、ストンとストレートな細麺。しかしながら柔らかさもありつつの、噛み切る時の歯ごたえもありの。ミョーな粉っぽさが少なく食べやすいです。ストレートな麺なんでスルスルいけます。
食べやすいんです。細麺の商品を出すにあたり、もしかしたら他のメーカーさんは「九州っぽさ」ってのを意識し過ぎなんじゃないかと。やり過ぎてるために、逆に食べ辛い麺になってる、強調し過ぎてるとでも言うのか…、そんな事はないもんでしょうか。その辺、いい按配に力の抜けた一杯に感じました。

豚骨の匂いが一瞬したので、これは苦手な感じの組み合わせ(ゴワゴワ細麺と動物臭強め豚骨)かな?と思ったのですが。意外や意外、スルスルと食べ終わりました。醤油味と謳っているので、バランスとしてはアッサリ目の醤油ラーメンに仕上がってます。調味油がしっかりとしたコクを演出しております。カップがたっぷりしてるので冷めにくいのも今の時期には嬉しい事です。

具はナルトと卵とエビ。あと何かのお肉的なものも入っております。
買い置きのワカメが無くなってしまったので、今回はワカメTPは無しの方向で。

「めんは、オーストラリア産の中華めんに適した小麦粉を使用しています。調理後の仕上がりをマルタイラーメンに近づけるため、新製法で縮れの少ないめんに改良いたしました。スープは、マルタイラーメンの粉末スープをベースに、醤油の香りが引き立つあっさりとした味わいの醤油スープに仕上げました。かやくには、エビ・ねぎ・ナルト・たまごなどの彩り豊な具材を合わせました。」(HPより)

このマルタイさんというメーカーさんなのですが。棒ラーメンなる商品が主力商品なんだそうで。なんでも「ノンフライ・ノンスチーム製法」という製法で作ってるんだそうです。そういえば、オラ、百円均一で見かけた事があるような気がします。いづれにしても秋田県内ではなかなかお目にかかれないメーカーさんなわけです。

マルタイさん 商品ページ


写真と内容は今回食べたのとは違うもののリンクがはってあります、悪しからず。

クリックしてくれるとオラが喜びます!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

矢島 やさい王国 キムチ






さて。やりたい事をやる段になって、すっかり力尽きてる感がございます…

何い!こんな事がやりたかったのかぁ!!

と。自分でブログを見返して思う始末…(ココカラ29日追記分。ホントに力尽きてしまったのでありました)

バァ様の運転手をしておりまして、矢島町の農家の直売所、やさい王国によりました。冬なんで青物は無かろうと思いきや、ハウス栽培のチンゲン菜やらホウレン草やら。なかなか地元住民も頑張ってるではないか!と。

そんな中で、オラが注目したのはキムチです。
早速食べてみたところ。賞味期限間近のお値段で購入しましたが、なかなかに本格的な美味しさがあります。オラは酸味があった方が好みなんで、漬かり気味なこれはすっごく好み。白菜は小ぶりなものを使ったか、外皮を贅沢に剥いて中心の方の柔らかい部分を使ったのでしょうね。茎の方まで柔らかで食感が良いです。

オラの父親になってる人ってのは、これが昔の人なもんで。

キムチはな、腐りそうになってる白菜の再利用なんだ。1斗缶に入った朝鮮漬けの元があって、それをぶっかけてつけただけなんだよ。日本で出回るキムチはマガイモノなんだよ。

というお方でした。誤解を恐れずにこんな話をしているのは、これはやはり冷麺職人だった頃に。ちょっと興味がわいたのでキムチ・カクテキの関係とかを調べてみたり、お邪魔させて頂いたお店のキムチなんかを食べてみて思った事があるからなのであります。決して民族蔑視とか言わないで欲しい。
味噌や醤油。ハタハタの漬けたのとか、チーズとか。発酵食品ってオラ、かなり好きなようで。そりゃあんまり匂いのきついのは苦手なんですが、そういうくくりでキムチって仲間なんですわな。
ひとくくりでキムチって言っても、白菜のキムチには写真にあります通り、リンゴやアミの塩辛なんかが入ります。これらが単調じゃない味をつくるんだけど、その家々で味が違うんだって。漬けものなんだから当たり前なんだけども、白菜を唐辛子で漬けたのがキムチ、ではなくて。ましてや漬け汁をかけただけ、ってのは滅相もないのですよ。

これはそういうオラが知ってる知識の中では、かなり真面目に作ってあるキムチだなと思いまして。色々手作業の部分が多い、手がかかったキムチ。確かに旨いんですよ。

こう言うのがあるから、直売所巡りは止められない!大きな道の駅に入ってる直売所(道の駅村山とかタマラン!)は勿論ですけども、道の駅おおうちとかのお風呂併設とかもいいです。キホンは地の食材が置いてあって、地の人が応対してくれるってのが良いよね。

そんな意味合いでは、矢島のやさい王国はかなりオススメ。場所的にはゑびすやさんのハス向かいあたりにあります。デッカイ看板があるんで判り易いかと思います。オラの職場の人で、なかなかに可愛らしいエリコさんの家の、割と近く。
…一気に判り難い道案内。

夏とかに。お昼をゑびすやさんで食べて、フォレスタ鳥海とか鳥海荘とかで温泉につかって、帰りに寄るとかが良いドライブコースになるのではないでしょうか。

あ、良い食材は生産者が置いた瞬間に無くなる事も多いので(少量しか出さない生産者さんも多いんです)、先に11時前にやさい王国、その後速めの昼食でゑびす屋、昼過ぎに温泉の、花立牧場経由でジャージーソフトを食べる!とか言うのはどうだろう?

言ってるオラがワクワクする感じですぜ!ビバ!町おこし!

クリックしてくれるとオラが喜びます!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking
プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 背脂  家系 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。