スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とかち麺工房 末廣ラーメン








立て続けにサークルKサンクス限定。しかもとかち麺工房。忘れた頃にやって来る、とかち!

とかち麺工房は結構コラボものに力を入れておりまして、オラの愛読書である「日本一インスタントラーメンを食べる女が選ぶ激ウマカップ麺」でのインタビュウによりますと、なんとその数250軒!との事。サークルKサンクスでも今回5軒ですので、数は更に増えてると思います。

そんなとかち~。久しぶりでございます。9月以来のようです。

麺は氷結乾燥麺と言う事で、袋に入っております。具も乾物のかやく(今回はネギオンリー)と、レトルトのチャーシュー。記事にはなってないんですけれども、秋田の八屋の再現カップ麺の時は、レトルト具の油がクド過ぎて???な印象でしたが。さぁ今回はどうだ!

スープの真っ黒さはケンミンショーでも取り上げられたし、盛岡・青森や高田馬場にも分店があるのでもしかしたら「行ったことあるよー」って人もいらっしゃるでしょう。

真っ黒なんです。

カップ麺だと少し薄い感じですが、実店舗のはホントに真っ黒。何かの冗談なんじゃないか?と思う。でも、じゃあ相当にショッパイのか?と聞かれれば、そんなでもないっていう不思議なラーメン。
これに盛り放題のネギを『これでもか!これでもかぁ!』と入れて、少量のお酢を加えるのがオラの食べ方なんですけども。傍から見たら「ネギ入りラーメンなのか、ラーメン入りネギなのか」と見えると思います。カップ麺ですのでネギはデフォで入ってるだけ。旗色が悪いスタートの末廣カップ麺。

氷結乾燥麺の麺は、お店に比べて少々細めでポソポソ。折れるのを嫌って袋をカッターで開けるという小技を繰り出してみたのですが、やはり折れてるところがブツ切りな麺になっちゃいます。風味があって美味しいんだけど、もう少し太めの麺が良かったかな。

スープは。これはよーくよーく蓋の上で温めて下さい。決してそのまま入れたりしないでください。寒くなってきたので、おそらくかなりの確率で油が凝固してます。
袋を破って投入する時に、その黒さに驚いて下さい。あと液体スープなのに沈殿するっていう。
スープの感じは実際のお店で食べるのと似てるかも。お店だとレンゲですするけど、カップ麺だと丼から直でしょう?その違いで、一口目がやたらと脂なんですが、これも撹拌して馴染ませると良いかな?な感じです。

具は乾物のネギ。青いところが多めに入ってるのですが、お店だと白いところが多い。

ネギの青・白に関しては。これはオラ、もと冷麺職人なもんで一家言ありますぜ?と。

あとですね、チャーシューだけは完全に別物です。もちろんレトルトでしっかり考えられたチャーシューなんだけど。脂が気になるなら、脂だけ先に捨ててお肉だけを乗せれば良いんですけども。これだけは違う。

こんなに否定的な文章を書いておきながら。でも何だか憎めないメーカーさん、とかち麺工房。
レトルトの具が入ってるカップ麺ってグータとかその辺レベルでしょ?液体スープは生麺コーナーにあるようなたっぷりとした量だし。丁寧に作ってる(実際、かなりの小ロットのようです)印象が、そこここにあるんですよ。レトルト具や液体スープまで自社工場でやってるみたいですからね。

今回はオラが行くお店の再現ものだってのと、サークルKの無理やりな煽り(1スパン3段、全部末廣のカップ麺ってどうよ?)があったもんで色眼鏡をかけて食べてみたんですけどもね。



オラが、とかち麺工房を好きになっちゃったのは。この一冊と出会ったからなのです。
おそらく。内容をある程度確認しない状態で買うネット購入で、一番最初に買った本がこれ。山形にこの間行ってきたときに。お料理・グルメ本の一番目立つ所に展示替えしてきました。
カップ麺が好きだぜ!とかいう人達は、少なくとも3冊は持っていた方が良い本!良書です。↑のリンクから買うと、すごく良い事があります。オラに…
スポンサーサイト

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

サッポロ一番 東京・早稲田 えぞ菊 旨辛みそ






30日食分。

あ、味噌!良いなぁ、と。ストックの中から取り出したカップ麺です。

サークルKサンクス限定の商品で、サークルKサンクスのホームページを拝見するとけっこう限定カップ麺やってるみたいですね。残念ながら通り道に無いので、ちょっと遠回りした時に購入した品物でございます。

『えぞ菊』は東京都内に5店舗を展開する人気店です。スープは、赤味噌や白味噌を厳選した数種類の味噌を配合し、にんにく・生姜・玉ねぎなどを合わせたダシに豆板醤やラー油で仕上げました(ホームページより)

との事。

食べているとネギでもない、サクサクというかシャリシャリという感じの食感の、白い薄いものが入ってて『なんだべ?』と考え込んでしまいました。ニンニク?にしては匂いが軽いし…、あ、玉ねぎかな?と。パッケージを見ると、具に玉ねぎを使用してるみたいなので玉ねぎだと思って食べました。
同じくサッポロ一番の濃厚街めん 新潟濃厚背脂しょうゆの時にも、刻み玉ねぎが入ってるラーメンっていいな、なんて思ったんでしたね。

他にもネギにワカメに味付け肉にと、具だくさんで楽しい一杯。写真緑色はホウレン草とかコマツ菜の類ですね。刻み玉ねぎのサクサクが玄妙な雰囲気を醸しております。言い過ぎか。

スープが旨辛とうたってるだけありましてピリ辛なのですが、豆板醤もラー油も使い方が上品で嫌味な感じの辛さではないです。味噌が主張している、秋田向きな味噌ラーメンでございます。県民は是非食してみるべし!

麺はあんまり見かけない平たい麺で…と、もしかしたら前回の龍上海の麺とゴッチャになってるような気がします。縦ロングにしては量もたっぷり加減でございました。

サークルKサンクス ホームページ「麺王への道」

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

日清 日清のどん兵衛 きつねうどん




休みなのにカップ麺を食ってます。なんと熱心なオラ!

今日はバァ様と一緒だったのでトンガリ方向なものではなく、オーソドックスにどん兵衛のきつねうどん。

調理をバァ様に任せた関係で、お湯を入れてからの撮影になりましたです。しかもバァ様は粉末スープをバシバシこぼしてるし…。まぁ薄味に仕上がってしまったら、それは関西風の上品なつゆって事で食べればいいかな?と、バァ様に事前にリクエストしておいたトッピングをチェック。

ネギとワカメ。


ワカメは秋田県は象潟産の生ワカメ(と聞いているです)。ネギは何と自家製の抜きたて刻みたて。これがあるからスープを多なり小なりこぼしても、バァ様を怒る事が出来ないのですわ。
ちょっと頼んだら、バァ様が家の前の畑に行って引っこ抜いておりました。その場で贅沢に外皮を剥いて、刻むのも年寄りの力加減なので潰れる事が無く…と、ここで包丁の切れ味がかなり悪かったようで。これは暇な時にでも包丁を研いであげないとならないっすね。日ごろの恩返ししとかないとな。

唐辛子は、もっぱら一味派のオラなんですが。こんな贅沢素材のカップ麺の日には、贅沢に缶入りの七味(柚子入り)を使おうと思ったのでした。本荘市内のおそば屋さんの開店祝いでの貰いものなんですけれどもね。



そして完成。ネギとワカメと唐辛子を入れる前に撮影。



バァ様が使ったお湯の温度が少々低かったのか、戻りきってない麺がいたのが残念。でも、作ってもらったので文句は言わないっす。

おうどんの感じは歯で楽に切れる感じでありつつ、もちもちしてる部分もありつつ。
昔々に食べた麺とは違うものになってますよね。ピロピロした昔のも食感が面白かったけど、これも良いっす。どん兵衛のおそばの時にも感じたんだけど。
今のままで良いって事は無くて。常に進化し続けないといけないんだな、と。
カップ麺に生き方を学ぶオラなのでありました。

つゆは鰹が香る感じで、これも昔に比べると出汁の風味が強くなってますね。

お揚げも記憶にあるものとは比較できない程に立派なのが入ってます。これは凄いね。食べ応えもあるし、食べ終わったときの満足感もあります。
カマボコがヒラリと可愛らしい。

『やっぱり、飯(まま)どご食ねど。どごが寂しねくてな』
:やっぱり(ラーメンでもうどんでも)白いご飯を食べないと。どこか(お腹の具合が)寂しいような気がしてな。

なんて言う、オラのバァ様がカップ麺だけで昼食終わりでしたからね。

ネギはガッツリ!トッピングして食しました。

んんん!やはり年寄りは大事にしよう。こんなに贅沢にネギが消費できるんなら、鰊の切り込み(うちのバァ様の好物なのです)とかはチョイチョイ買ってきて食べさせとこう!

長生きしてほしいものです。

ネギの為にではなくてね。

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 背脂  家系 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。