花月 「せたが屋 ひるがお」




この時期になると。中学生がジャージの半ズボンと半そでTシャツで、いろんなところで働いてるんです。秋田県だけかもしれないんですが、職業体験というのかな?そういう企画でなんですけどね。大きめなショッピングセンターとかでも、中学生が働いております。
秋田市の繁盛店でオラが大好きなお店の1つに八屋さんってお店があるんですけども。お昼時には忙しいとチャーハンを頼めない暗黙のルールがあるんです。『チャーハン、出来ますかね?』とオラは聞くようにしているんですけれども、ある時に今日みたいに職業体験の中学生諸君がいて。それを良い事にまんまと半チャーハンをオーダーする事に成功!と言う事がありました。食べ物屋さんで職業体験って結構過酷な事で。それが八屋だったりすると、何をしていいのか判らないまんまに終わっちゃうんじゃないかと。

今日、花月でもそういう中学生が働いていました。

そんな花月で。花月×せたが屋コラボ。
これでもか!ってくらい磯くさい。もちろん良い意味で、です。

麺は花月ではあまり見かけないストレートな麺で、断面が四角いタイプ。角がしっかり目なので口に入れた感じも素敵なお品。
結構に繁盛している店内でしたが、オラが提唱している『きれいな茹で湯』というのが。花月ではしっかりマニュアル化されているようです。ちょっと柔らかめかな?という麺でしたが…

具は鶏チャーシューに白髪ネギ、メンマ。スープ他の皺寄せでチャーシューが鶏なのかもしれませんが、鶏チャーシューってホロホロ過ぎて逆にロス分を考えると…。余計なお世話でしょうか。白髪ネギはもっと量が欲しいですなぁ。トッピングで白髪ネギ足しちゃってもいいかもしれません。あと煮卵も良い感じで合いそう。

スープ。優しい塩味と強烈な磯の香り。魚介関連もたっぷり使われてるっぽい。強烈な磯の香りは、このノリでしょうなぁ。ちょっと歯に挟まったりする感じがとってもチャーミング。帆立の貝柱の粉末が白髪ネギに乗ってますが、オラのバカ舌にはよくわかりません。あ、あとレモンの皮がいた。
レモンはん能代の十八番とか麺屋もと、矢島のゑびす屋みたいに果肉までではなくて皮のみ。カクテルでいうところのレモンピールみたいなノリですね。

お酢を投入して更にサッパリにしてみたのですが、思わずスープまで飲み干してしまいそうになる自分がいました。これ、旨いなぁ。

職業体験の中学生諸君よ。
「ラーメン屋さんで働きました。いつもはお昼になるとお昼ごはんが食べられるのですが、ラーメン屋さんはお昼にお客さんがやってくるので、お昼になってもお昼ごはんが食べられませんでした。いつも美味しいラーメンが食べられると思ったのですが、ラーメン屋さんは大変です」
と感想文を書くと先生に褒められるぞ!

と、誰も見てねーか、中学生は…。

ケータイからなんで、一回「カップ麺予告」になってます。後で修正しておきます。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

日清 goota 高菜豚骨叉焼麺






さぁさぁ!来ましたよ??オラのところに…

最高価格帯のカップ麺がくる~~!!(アメトーークDVD9[DVD]参照の事)

グータの高菜豚骨叉焼麺でございます!とうとうきました、グータ。

まず、小袋の類がやたらと多いです。具が二袋にスープも二袋。これに紅ショーガの袋が入ってます。

紅ショーの袋とかは、ともすると忘れちゃってしまうってのがあるかと思われます。ので、気を付けて下され。

スープは粉末の方をしっかり混ぜつつ麺をほぐしつつで、液体スープを投入して頂きたく思います。投入の後に、更にしっかりしっかり混ぜて欲しい。底の方が濃くなる感じを受けました。豚骨でしょうかね?具が紅ショーにキクラゲに高菜なので、九州っぽい感じなんでしょう。オラは残念ながらまだ九州に行った事が無いので、本場の味と言うのはわかりませんが、九州っぽいお店やカップ麺で食べるそれと似たテイストの味のスープだと思います。高菜の袋に入ってる油と相まって、結構最後の方まで飲んでしまいました。

麺は、けっこうストレート気味(パッケージにあるほど「どストレート」ではない)で、中太麺になるのかな?細麺に近くない?って雰囲気。んで、量が控えめなので女性でも食べやすいです。カップほどヘビーな量ではないので、女性陣も行って欲しいなぁ。待ち時間短めでバリカタ演出とかも出来てしまいそうです。今回は初gootaなので標準の待ち時間で食べました。

具。主に高菜なんですけどもね。

辛子高菜が乗っかるラーメンで、オラの一番近いところにあって。かなり大好きなのが、秋田市のえび屋さん。皆は坦々麺をオーダーするんだけども、オラは辛子高菜らラーメン!!と言い続けてるっていうお店です。しっかり旨くて、ピリ辛なんです。
まぁ、思えば醤油スープと高菜なんて合わないはずが無いんだけどね。

チャーシューはペラペラではあるけれど、油の美味しさが感じられたように思います。

ブログでは初、人生の中でも(大げさだなぁ…)何回かしか食った事が無いんですけども。旨いなぁ、グータ。

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

リンクの皆さま。

リンクに追加をさせて頂きました。

基本はご訪問・コメントを頂いた方とか、調べ物してて行きあたった方のところとかを『自分用にリンク』を張る感じです。

意外と根が深いっすよ、カップ麺ブログは。
プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂