スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿がきや ドゥエイタリアン レモンらぁ麺

久しぶりの寿がきや。そもそもカップ麺記事自体が久しぶりという、カップ麺ブログとしてはあるまじき体たらくではございます…。むー…。








コンビニで見かけて気になってた商品。これが日清あたりなら、丁寧に置きに来ているような仕上がりなんだろうけど、寿がきやがやると…面白そう!というのが最初の印象でした。初めに買ったのは家人にあげた(まだ食ってないみたい)ので、後日改めて購入してみました。

麺は割と普通のウエーブがかった、インスタント麺っぽいルックス。湯戻しした後の箸でほぐした感じも、インスタント麺そのものでございます。食感はあくまで軽め。量的にも、カップの大きさからいくと軽めかなぁ。

具は焦がしエシャレット(じゃないかな?)とネギ。5百円硬貨くらいのチャーシューが1枚。貧相なんだけど、スープとのバランスを考えると難しいところなのかな。

肝心のスープは…すごく酸っぱいです。おーこう来たか、的な。多分、実際にお店に行く人で2割のリピートがあったら凄いよね?的なトンガリ感です。オラは酸っぱいの、好きだからもう一杯食べたいかも?だけど、…なかなか難しい感じ。

イタリアンの経験がある料理人さんがやってるラーメン屋さん。願わくば実店舗で食してみたい感じの一杯ではあります。これだけでお店を否定する感じじゃないと思う。

寿がきや商品ページ
スポンサーサイト

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

寿がきや オカザエもんの岡崎八丁味噌台湾ラーメン

はいどうも。またしても放置しちゃってますね。カップ麺を食う機会が減ってるのと、お店ラーメンも最近殆ど食べておりません。

何故かと言いますと、14年ぶりにバイクをいじろうと思いまして。そのために金欠なのです!

威張って言える事じゃないんですけどもね…。

でもそんな中でも気になったのは手に取ってみることにしております。

今回は寿がきやのオカザえもんの岡崎八丁味噌台湾ラーメン。前回の寿がきやが去年の3月ですので、かなり久しぶりな寿がきや。東北ではあんまり流通してませんが、おひざ元の愛知県ではかなりメジャーなラーメン店でもあるそうです。ショッピングセンターのフードコートにも入ってるそうで。秋田で言うところの林泉堂みたいなもんなのかな?と。

今回の台湾ラーメンですが、これまた愛知県が発祥(台湾なのにね)だと記憶しております。台湾出身の料理人が考案したんだったかな?と。ひき肉とニラと唐辛子でスパイシーに仕上げてあるのが特徴なんですね。んで、一応東北に潜伏しているオラも、台湾ラーメンってのは食った事があるんです。
ある日「居ぬきで中華料理屋がオープンしてて、そこがやたらと本格っぽい匂いのする麻婆豆腐を出してた」なんてのを見た事ないですかね?お店の人も日本語がカタコトだったりして、みたいな。
あの手のお店って中国から出稼ぎで来ている人が働いてるんだけど、かなり大がかりな中華料理店ブローカーが存在してると聞いたことがありまして。3か月くらい料理の勉強させて日本に連れてきて店を任せるんですって。その為に契約金を最初に払って、しかも更に月の売り上げからいくらかを支払うという、なかなか大変な感じみたいなんですね。

全てが全て、そうではないんでしょうけど。都市部ではこういうのがよくあるんだそうです。

そんな中で自分の生まれ育った地域のカラーを取り入れたいと思う料理人さんが、自分の店の名前を付けたラーメンを出してるのを頼んだら、まんま台湾ラーメンそのものだった、という。そんな事がありまして、オラが食べた事があるのであります。

長い枕だね。

きっと本場愛知県の台湾ラーメンもそんな感じで生まれたんじゃないのかな。盛岡冷麺ももともとは大陸出身の青木さんという先人が故郷を思って作ったものがブラッシュアップされていったものだもんね。










さてさて寿がきやの台湾ラーメン。愛知は岡崎の八丁味噌を使ったスープに唐辛子。けっこうコクがあってキュッと辛めで、ついつい飲み干しそうになっちゃいます。山椒っぽい香りがふんわりきますね。

麺は細麺でチリチリ。戻りはちょっと悪め。待ち時間長めが良いのかも。量的には少な目に感じました。
辛い物スープで食欲が刺激されてますので、もっと食べたい感じ。

具は表記としましてはニラ・ひき肉・ネギ・唐辛子とありますが。写真では沈んじゃってますね。

パッケージが料理の写真ではなくて、岡崎市のユルキャラのおかざえもんなので、その辺ガッカリ感はないけど。具は少なめな印象。

ご当地ものって、旅行に出かけたりしないオラのとっては面白い分野なのです。やっぱり他のより手に取る機会は増えると思います。また面白いの見つけたら食べてみます。

って、あれ?カップ麺を食べるブログなんだよね??オラんとこ…。頑張ってカップ麺食べないとダメなんじゃないのかな…。

寿がきや商品HP


クリックしてくれるとオラがニヤニヤします!
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

【PR】カップ麺のおともに、こんなアイテムは如何でしょう?

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

tag : 辛い系 味噌 ご当地

寿がきや カップだし名人 韓国風チゲうどん

18日分の寿がきやの「わかめうどん」とのカップだし名人シリーズ商品です。
他に「関西風うどん」がありまして、以前はカレーうどんもあったんだそうな。








前回が非常に何と言いましょうか…ショボク感じましたので、今回は潔くネギを用意しまして、乾物ワカメも投入いたしました。出来上がり写真には影響しないように作っております。

んで。日清のごん太は麺はパックのまんまレンジでチン出来て便利だなぁ、と思いましたもので。今回は麺をお皿にあけてレンジで30秒ほど加熱してみました。
まな板に包丁に、レンジでチンする為のお皿を一枚使ってみたり。どうだ!家カップ麺の豪華さよ!!

麺はシリーズ共通のうどんですね。コシ一点張り!な世の中ですが、こういうホワホワ系うどんもアリだと思います。なんかね、やっぱり優しい感じがします。世の中に、優しさに飢えてるオラにはうってつけなんじゃないかしら。

具は乾物ネギと乾物ワカメ。シンプル過ぎるくらいシンプル。冷凍庫に揚げ玉とか無かったかな?と探しましたが、見つけられず。ネギとワカメは増量してます。

スープはですね、色からもわかりますでしょうか?そんなに赤くなく、程よく…いや、若干辛さも控えめな感じです。オラは一味を3振りくらいしました。出汁感のほうが結構出てて、チゲ風というのか…。あんまり辛くないキムチ鍋風味と言う感じです。酸味が感じられて、こっちもオラは好みでした。
同じ寿がきやでも辛辛魚とは、辛さへのアプローチが違うっすね。辛辛魚シリーズはこの冬のバージョンで相当辛くなってるみたいなので、ぜひチャレンジしたいとおもっているのですが。そういう辛さとは違う、これまた優しい辛さがチゲ風うどんにはあります。
辛い物が苦手な人も安心してオススメできる一杯でございました。


寿がきや商品ページへ

クリックしてくれるとオラがニヤニヤします!
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

【PR】カップ麺のおともに、こんなアイテムは如何でしょう?

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。