スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とかち麺工房 「はじめ家 上越家 とんこつ醤油味」

えっと…。4/9の記事を5/9に編集してるわけです。

ひょんな事から、秋田カローラの営業の方がオラのブログを見る事になりまして。放置しっぱなしってのもどうにも『あべぇ悪ぃぐで』(=あんばいが悪くて)、ちょっといじくりに来たわけです。

カップ麺も随分食ってないなぁ…という事で、通勤途中のサンクスで購入いたしました。とかち麺工房のカップ麺。サークルK・サンクスのコラボ物。しかもラーメン屋さん同士もコラボっていう。商品名が長くて正式なお名前は不明という…。何とも今のオラにふさわしい一品をご用意した感じであります。








とかちのカップ麺はいったいどのくらいの数を食べたのかわかりませんが。スープにはかなり期待しております。その分、具はよく言えば安定というのか、マンネリな感じもあるんですけれども…。麺は毎度お馴染みの氷結乾燥麺でございます。


んでね。一か月も前のカップ麺の味を覚えていられるほど、賢い舌もノウミソも入っていないわけなのでした。

…ギャフン!

それで終わっちゃうと、何ともならんので。無理やり何かを書くわけですよ。

とかちの麺なんですが、どっちかと言いますと濃い目のスープに合うと感じています。んで、とかちの特徴でもあるエキス分の多めな濃い目なスープ。なかなかのマッチングだったと…思います。
レトルト具と、液体スープを投入する時に、如何にスープの温度が下がらないようにするか。ここに尽きます。別容器でしっかりと熱湯で温めておくのが肝になるわけですが。「カップ麺って、湯を入れて待ったら食べれる物なんじゃないの?何でそんなに面倒くさいの??」と聞かれてしまいそうです。

そこにカップ麺の面白さがあるんじゃないかと…勝手に思っている次第であります。

スポンサーサイト

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

とかち麺工房 麺屋 十郎兵衛 豚骨魚介醤油味

オラのブログのリンクにもございます(しまった!タイトルが変わったのに更新してないや)、秋田県は大仙市にございます麺屋十郎兵衛さん。飲み会でご一緒させて貰ったり、何度か食べに行って顔を覚えてもらったりしておりまして。以前にお伺いした際に、スーツを着た方々と話をしているのを見ていて色々聞こえてくる話を総合すると、とかち麺工房あたりからカップ麺化だな!と思ったのであります。

すみません!知ってました!








ザックリとやりますと、レトルト具の袋に液体スープの袋、乾燥具と海苔です。
因みにレトルト具の袋と液体スープは別容器にお湯を張って温めると美味しくなります。ってかやらないと実力の8割くらいしか発揮できません。これ、とかち麺工房のカップ麺で液体スープ・レトルト具ってパターンのには全て当てはまりますのでご注意を。最近のとかちのカップ麺にはそういう注意書きが入るようになりました。



こんな感じね。

麺は。。うん、とかちの氷結乾燥麺っすね。比較的伸びにくいような気がして良いんですが、待ち時間を誤りますとコンニャク麺みたいな食感になっちゃいますよね。対しまして十郎兵衛さんの麺は…いや、比較はやめときます。それはヤボってもんだ。

具はメンマにチャーシューがレトルト袋に入ってます。乾燥具ではネギと糸唐辛子。

スープは、ですね。「何か間違ったかな?」と思うぐらいアッサリとしてますね。かき回しようが足りなかったのかな?と底からグールグルとかき回しましたらば、味がわかるくらいの感じになりました。お湯を入れ過ぎたのかしら。

とかち麺工房 サイト


クリックしてくれるとオラがニヤニヤします!
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

【PR】カップ麺のおともに、こんなアイテムは如何でしょう?


麺屋十郎兵衛さんは秋田県大仙市。オラ、大好きなお店です!

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

とかち麺工房 麺屋武蔵巌虎 濃厚とんこつ醤油味ら~麺

何だか朝晩が寒くなってまいりましたな。去年は風邪をひいてしまって、ポロシャツチキンレースから早々に離脱してしまったのですが。シゴト場で、オラとウチヤさんという女性の方が、毎年11月くらいまで半袖のポロシャツを着ていて「見ていて寒い!」と店長殿から小言を言われる感じなのであります。無理して半袖なわけでも、ジャンパーが無いわけでもないのです。ただ、何とは無しに半袖のうすら寒さが心地いいだけなのです。








麺屋武蔵さん。
音が出るんでお気をつけ下さい。オラは聞き慣れぬ音に「ついに、更なる新しいノイズが出るようになったか!オラのPC!」と思いました…。
武蔵は宮本の武蔵さんに倣った店名なのでしょうか、HPもそんなテイストでございます。本店は新宿で98年にオープンとの事です。その頃、大都会をねぐらにしていたオラではありましたが、貧乏だったために食べ歩きなんかは出来ずにいたと記憶しております。今みたいにインターネットも普及してなかったですしね。知り合いのネットワークで情報交換していた時代だったのでしょうけども、当時から友達は少なかったのであります。

なんてオラが紹介するまでもないような、ラーメン企画には必ず名前が出てくるような超がつく人気店。巌虎は秋葉原の分店だそうでございます。秋葉原ってかなりな激戦区な所じゃなかったでしょうか。武蔵さんも秋葉原にはアキバカリー麺の武仁もありますようですし。

そんな感じの有名店。とかち麺工房さんはお店コラボにも力が入っているメーカーさんで、しかもコンビニ限定とかがあったりするので楽しいのです。カップ麺食いにはたまらないメーカー。

麺はいつもの氷結乾燥製法。キマるとピッタリな感じの麺なんですが、少々スープとの相性が分かれる感じがしております。
今日のはと言えば。なんだかですね、断面がV字型というか、剥がれかけてるというのか…。ちょっと不思議な感じがしました。変に狙ったようなモッチリ感とかはなくて、良くも悪くもいつものとかちの麺ですね。今回はスープとの相性は良いような気がしましたが。

スープは豚骨感が前に出てて、少々魚粉っぽさがある組み立て。もろに魚粉な感じでもなくて、魚介系がちゃんと効いてる感じでしょう。
液体スープはエキス分が多いといったらよろしいのか、半端にかき混ぜたくらいでは沈殿してしまいます。すると後がキツくなってくるので、ちゃんとかき回しましょう。とかち~の液体スープって総じてこんな感じですね。
しかし。大体のメーカーさんが粉末スープと液体スープの2袋制なのに対して、とかち~のは殆ど1袋なんですよね。でもきちんとスープとして成り立ってるのは大したもんです。

具は…きざみタマネギ一つまみとチャーシューは至って普通のもの。レトルトのモヤシが乗ります。モヤシは火は通っているのですが、クタっとなってるわけではなく、シャキシャキ感があります。
武蔵さん全店を通してチャーシューの豪華さに目を奪われる感じなんですが…それがこのペラチャー1枚に凝縮されてるわけですね。

この具の感じでだと、ちょっと割高な感じは否めませんねぇ…

塩分は1食あたり…ナンボだったかな??

とかち麺工房(今回の商品の情報は無しです)

クリックしてくれるとオラがニヤニヤします!
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

【PR】カップ麺のおともに、こんなアイテムは如何でしょう?










テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 背脂  家系 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。