スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 カップヌードル サマーヌードル

「日清の黒歴史復活!」とは、なかなかな煽り文句だと思います。確かにこの酸っぱさのミスマッチ感って、当時は難しかったかも。

約20年前、当時大学生だったオラは衝撃的な食べ物に出会います。それがトムヤムクン。『なんじゃ、こりゃ!酸っぱ辛い!』と、簡単にハマってしまい、先輩が飲みに連れてってくれるのを楽しみにしておりました。しかし、そのお店はお値段が高めだった事と、当時はあんまり受け入れられていなかったエスニックな感じの料理がメインなお店だった為に、通うほどでにもならずに大学生活を終えてしまう事になります。
どうにかああいう風な物は作れないものか?酸っぱい物と言ったら酢です。しかもミツカンとかタマノイとかの穀物酢しか知らなかったオラは、辛い物と言ったら一味・七味位しか知らなかったので、あの爽やかな酸っぱさに近づけず苦労しました。

あの苦労は。恐らく、このサマーヌードルが受け入れられなかった、日清の社員さん達の苦労とおんなじ感じなのだと思います。










20年の時が流れて。割と小さ目なスーパーでもトムヤムクン的な商品は1個くらいは発見できます。何より、日清でもトムヤムクンヌードルをリリースしてますので、どうしてもそれとの比較になってしまう感じですが。んでは、サマーヌードル、行ってみましょう。

麺は、安定の。超安定のカップヌードル麺です。某ラーメン店で「カップヌードル麺のトリビュート麺」なんてのをやってしまう位、安定の麺です。もう、日本のカップ麺ではなく、世界のカップヌードルと言っても、違うという人は少ないんじゃないでしょうか。スープの絡みも少なくなく多くなく。
スープは、酸っぱ辛い!なのですが、トムヤムクンヌードルよりはマイルド目な感じ。柔らかいというか優しいというか…よく言うとマイルド。アレな感じで言うと物足りない感じがしました。もちろんスープとしては美味しいのですが。2017年で、しかもパクチー流行りな現代においては、やはりどうしても大人し目な印象になってしまいます。
具は割とチリチリ目なのが細かく入ってます。印象薄し…。

当時としては先取りしすぎてて、今で言うと大人しすぎる。もっと言うと、日清の開発陣の先見の明って凄いと思いました。

これ系はカップヌードルビッグで出してくるので、あんまり手を出しませんが。ちょっと小腹が減った感じの時に、主に女性に食べてみて欲しいカップ麺ですね。紫色のトムヤムクンヌードルに比べて、トンガリ具合が少ないのでちょっと冒険してみるのも良いと思います。

日清製品HP
スポンサーサイト

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

tag : 辛い系

本荘市 一力 中国ラーメン

今回は本荘市の一力でございます。本荘と言うと「中華」で有名なあの店が注目されがちですが、細かく見ていくと地域に根差して長い事商売をやってる老舗もあるわけです。
いわゆるラーメン屋さんみたいな専門店も好きですが、こういう食堂で食べるラーメンもまた格別だったりするもので、面白いもんでございます。本日は中国ラーメンをオーダー。






スープは中々の赤、ラー油の赤色です。見た目通りにピリリと辛いんだけど、食堂としての立ち位置が良くお分かりな地点に着地しております。
具はキャベツとモヤシなどの野菜を鍋で炒めたものにスープを加えて一煮立ちさせてるのでしょうか、いわゆるタンメンのような調理方法かと思われます。野菜の甘みもあって良いのではないでしょうか。終盤戦でお酢を一回し入れてフィニッシュ!
麺はラーメン系のメニューは全て共通の麺だと思います。結構歯切れの良い感じの…まぁ、普通の麺です。オールラウンダーな感じの麺です。

このお店は以前はもう100メートル程、羽後本荘駅よりにありまして。高校の時分は、友達の家に泊まりに行くような時に、部活上がりの晩飯で寄ってました。タクシーの運転手さんが立ち寄っているお店でしたので、タバコの忘れ物があったりして、そんなのを拝借したりしていた思い出があります。
また、当時のピアノの師匠の家にも近く、レッスン前の腹ごしらえで寄ったりもしていた、思い出深いお店だったりもします。

今回は中国ラーメンでしたが、当時はシャンタン麺をよく頼んでおりました。何を頼んでも、たとえそれが焼きそばだとしても、鬼のようなアツアツさで提供してくるお店なので舌を火傷していた思い出でございます。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 辛い系

日清 夏のラ王 コク辛

さて、予告通りに、チョイチョイと更新していきます。割と作業するのに充てられる時間が取れるようになってきました。少しだけ余裕が出てきた感じです。

今回は日清のフラッグシップとも言えるラ王であります。ラ王も25周年との事で、限定復刻のコク辛だそうです。

そう言えば25年前、オラは何してたんだっけ?と考えてしまいますね。…15……、15だったの?オラ???
15の頃と言えば吹奏楽と楽器に明け暮れていた時期です。今から思えばヘッタクソなくせに「この辺で一番上手いぜ!」と世の中を知らないバカなガキでした。それからたったの3年後に世の中の厳しさを知る事となるのであります。










最近、昔の事を懐かしく思うようになりました。そんな事を考えているバヤイではないのに…。

25年前のラ王。パッケージが8角形になったのが…マジかよ、7年も前の事のようです。

夏は辛い系カップ麺と言うのが定番ですが、今回のラ王も辛い系で来ました。カップはラ王独特の8角形。スープの飲みやすさがあって以外に嫌いじゃないです、この形。8角形の、時計で言うと7~8時あたりに紙蓋のツマミがあるのもコダワリを感じます。

小袋はかやくと、液体・粉末スープの3種類。スープはどちらも後入れなのが日清ぽいです。ちなみにこのスープを先入れしたらどうなるんでしょうね?ほんとに麺がほぐれないのかしら…?

はい。

麺は香りのあるツルツルした感じの細めな麺です。撚りがかかってる感じでスープを引っ張り上げる感じの麺です。今回、お湯の温度がギリギリな感じでございまして、待ち時間眺めで食べましたが。ホントはグラッグラの熱湯を注ぐのがオススメです。カップ麺全体がそうなんだけど、ラ王は特にそんな気がします。
量的には軽めな感じがしました。あと、汁はね注意な麺ですね、これは。

スープは…。うーん、どうした、王様!という感じ。
辛みによるキレはあります。
でも、コク辛か?と問われると…。2017年現在でいうと、若干薄っぺらな感じがしてしまいます。辛さによるフラッシーさはありますが、何だかやっぱり薄い感じ。ハリボテ?みたいな。
『豚骨みそ味のスープにねりごまのコクと唐辛子の辛みをきかせ、アクセントにXO醤(ジャン)を加え』た、との事なのですが、ちょっと前時代風な感じがしてしまいました。美味しくなくはないんですが、これなら他のカップ麺たえるかなぁ、という感じ…。

25年の時の流れを感じてしまいました…。

テーマ : カップ麺
ジャンル : グルメ

tag : 辛い系 豚骨 味噌

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 豚骨 煮干し まぜそば とんこつ 家系 柚子風味  背脂 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。